--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-09-30(Sun)

煉獄に潜む事との別れ(絵・鬼の子)

鬼の子、振り子
現し身の浮く水面は境
肉界、常世、隔ち、繋ぐ
美しい理は儚さと、盲に
真理、無くても、救いの切れ端、指の先掠らす
報いなどと高く求めれず
ここに残るたった一つ、夜暗のガラスに、漂う朧姿
行く先は、知が及ばず、物理、為されない
あなたに成り代わり自分を掬ったつもりだ

野暮好きなので大雑把な解説

煉獄に潜む事との別れ
>煉獄とは天国と地獄の間にあるもの、それをこの世界としました、この世との別れの詩です

鬼の子、振り子
>鬼の子とはミノムシの別名、振り子のように揺れる、つまり首吊り後の様
現し身の浮く水面は境
肉界、常世、隔ち、繋ぐ
>現し身とは肉体、みなもに浮く様に揺れる(上と同じ理由で)骸になったばかりの身体が有るここは今、肉界(この世)と常世(あの世)を分かつ境であり、つなぎ目でもある

美しい、理は儚さと、盲に
真理、無くても、救いの切れ端、指の先掠らす
> よく、はかないから美しいと言いますが、理屈は今一掴めません、でもそんな不確かな物にでもすがらないと、自分で絶ち、短くした辛いだけの人生は何だったのだろうと、意味をこじつけるため自分に信じ込ませたのです

報いなどと高く求めれず
ここに残るたった一つ、夜暗のガラスに、漂う朧姿
>夜の闇で鏡状になった窓に映るこの結果
この世に生きて残せたのはそれだけだから
報いなんて有ると思っていない

行く先は、知が及ばず、物理、為されない
>あの世はこの世と違うはずと言い聞かせています

あなたに代わり私を掬ったつもりだ
>創造主的な方、私を殺す罪は自分で被っときました

もしこの様なことに不快を抱く理由をお持ちの方には申し訳在りません
鬼の子

スポンサーサイト

2007-09-29(Sat)

一人小喜利

お題
重役会議でこれをしたら、役員を降ろされました、さて何をした

回答
1.前の人の意見をそのまま言った
2.終始、彼女自慢
3.緊張しすぎて、下を噛み切りあわや出血死する所だった
4.「だってお母さんが言ってたもんっ」と言い出す始末
5.悪魔に変身した
6.専務が好きなアイドルと知ってて、そのアイドルを気持ち悪いと言って専務を泣かせた
7.パーティーのノリ
8.勝手に自分のミニコーナーを設けた
9.上役の意見に対して一々過剰なリアクション
10.ここぞとばかりに三枝師匠並に椅子から転げ落ちて見せた
11.「待ってましたっ」、「よっ専務っ」等の合いの手
12.社長の意見を求める時に、「社っ長っ、社っ長っ」と社長コールをした
13.産まれたままの姿で会議卓の上をでんぐり返し
14.何かと自分が昔、宇宙人にさらわれた時の話をした
15.重役達の頭をスキップ混じりに、はたき回った
16.一番偉い人を掴まえて「ハイッこれ(ドンッと大量のプリントをデスクの上に積み上げる)今日中にやっといてよねっ」とよくドラマで見るOLのイジメのシーンを再現した

前のやつの中で一番気に入ったお題だったので、やりました
言い訳はしません

2007-09-28(Fri)

一人一問一答連鎖小喜利

スタート
Q.友達が見せびらかして来るが羨ましくないもの
A.百円札

Q.エッ、これが百円、何が百円?
A.武士の魂

Q.武士の魂と言えば刀と思われがちですが、実際は何だったでしょうか?
A.ティファニー

Q.ティファニー、エルメス、シャネル、グッチ…何つながり?
A.意外とペットの名前に付けられるつながり

Q.知らない方が良かった名前の付けられ方は
A.親がTVゲームの主人公に付けようと用意していたものを戴いた形

Q.TVゲームよりは優先するが、宿題より優先しないものは
A.役員会議

Q.重役会議でこれをしたら、役員を降ろされました、さて何をした
A.自分の前に代表取締役って書いてあるパネルを悪乗りで置いて見た

Q.これはちょっとやり過ぎたなと思った悪乗りとは
A.生涯友達をつくらなかった事
最初に戻る

2007-09-24(Mon)

ブットピット

本日は、ブットピットについて深く掘り下げて行きます
ブットピットが工場で大量に生産されていると思われている人が多いようですがそれは片腹痛い間違えです、一つ一つ職人の手によって丁寧に作られているのです、よって一日に生産される数は限られてきます
ブットピットを作る職人達の数は、90年代初頭から中期にかけて生産数のピークを迎えたその時期に全国で2000~2002人とも言われていました、今では関東の下町に数匹しか残っていません、しかし近年一部の若者の間でファッションとして身に付けるというミニブームが起こっています、これにより全然足りてねーぞFucky○uみたいな空気になり深刻な(笑)職人不足が叫ばれています、何所の制作現場も、猫の手も借りたい状況で、しかし実際猫がいると作業効率が下がるだろうなーと職人達が考え耽るため、更に生産数は激減の一途をたどる事が否めませんでした
そんな現状の中、遂に若者達による販売店襲撃事件やブットピット狩り、そして更にそれを狩るブットピット狩り狩り、そしてそれらの騒動を遠目に見るブットピットとはまったく関係無い人達、それらが渾然となり、遂には大暴動が起こりました、それがあの有名な6.33事件です
政府はこの暴動の鎮圧のため苦肉の策とし、ブットピットが元来の使われ方をされて無かったために大量発生したイナゴを投入したのです、皮肉ですね、こう言うのをことわざで「幸子、ヒトデさんは食べれんから逃がしてやり」と言うのでしょう
政府が秘密裏に公認と言う、今一立場がはっきりしない、イナゴマスターと自分のことを言って譲らない、イナゴを手懐けている変人が「片思いっ」と溜め息交じりに吐き捨てると 、イナゴ達は一斉に暴徒達を説得に掛かりました、中には中々説得に応じず首を縦に振らない暴徒もいましたが契約金の上乗せや、痛いことはしないから、と言う口先だけの約束で何とか暴動を静めました
こうして日本はこの悲劇により大きな傷跡を残しつつ、くしくもイナゴと変人の手によって救われたのです
しかしこの騒動は負の面だけでは有りませんでした、暴動を起こした若者達の間に出会いが有ったのです、事件の最中やそれをきっかけに多くの犯罪者カップルが誕生しました、そして結婚にまで到ると「ブッ婚」と呼ばれ、その翌年は出生率が格段に上がりました、夜もブッ婚だんでしょうね
さて皆さんが引いた所で、引かせたまま本日は話を終わらせて頂きたいと思います、また機会が有りましたらキットカットについて話させて貰いたいと思います

補足:イナゴ達はあの事件の後、佃煮にされ美味しく食べられたそうです、しかし余りの量にそれも直ぐに飽きられ、今度は粉末やエキスを練り込んだイナゴパイやイナゴサブレにされ、地方のお土産屋やサービスエリアに置かれたが不評の末、大量の廃棄を出し一時社会問題になりました

2007-09-20(Thu)

ほふる

君の脈、僕の中、轟(ほめ)く
自分の心音も聞こえてるのかと、リズム上がり、隠せない思い、勢いになって、強く熱(ほめ)く
二人の音は合わさり、どの響きが相手の物か分からず、互いの想いは言葉に成る前に伝わる
肌が重なると、その柔らかさに感覚も全て奪われ、身体と呼ぶ壁、熔かし僕らは一つの火になり揺れる
ここに比べる物は無く、全ての存在はこのため、今は思い上がりも愛の一部
不滅など無いと知った番いでも
こうしている限りこの火は消えないような気がしている

2007-09-19(Wed)

血の様なオイルか

痛みでも僕に生を教えてくれない
傷付けたり、命奪う事、知らぬ顔に預け
自分の肉が何から生るなど、興味持たない
ユウイギな人生のため、目の前の極事、見ず、まだ天国に上りたいと、戯ぎ
恥の上恥を厚く塗る
死ぬまで目は開かない
絶命の宵、生きたこと覚えるのか
僕は何時生きる、産まれて、生きずに、死ぬのだろう
夢想論廻し、遊ぶだけ、動きはしない、活きちゃいないから
心が何処に有るかなんてどうでもいい、有無すらも、最早
インダストリアルな鼓動がオイルの様な血を漏し
生を求め死に向かい、跡切れ跡切れの線残す

2007-09-11(Tue)

季節の挨拶

こんばんは、すっかり夜は涼しくなりましたね、虫の音が秋を感じさせる此の頃です
子供の頃大人は何で季節の挨拶なんて詰まらない事をするのかな、と思っていましたが
大人になると仕事や趣味が細分化されるので万人に共通する話題が季節ぐらいしか無かったんですね

2007-09-10(Mon)

赤い夢

君は怖いから泣いているのかい
それとも、僕をかわいそうだと思ってくれるのか
君の涙が僕の血と混ざる
僕の身体は君の側、血溜りの中
そこに映る君は泣いている
怖がらせてしまうぐらい僕は君を好きなんだろう
首に口が出来たみたいだ
全部吐き伝える、僕の想い
君の顔を汚す、赤い想い
君をべっとり染めた
口の中に入る、僕が数滴、これはキスかな
僕の生
そう言えば、痛みの事何て忘れていた
意識あるのか
声が遠い、もっと聴きたかったのに
ずっと見て居たいのに
笑顔も
最後まで僕に向けられる事は無かったけど
でも好きだった君の笑う顔
これからずっと夢を見るのかな、見るなら君の夢が良い
僕の中の物、もっと出たら
君を溺れさせるぐらい
僕の血が海に成ればいいのに
君はそこの魚に成ればいいのに
僕が無ければ死んでしまうんだ
赤い海泳ぐ綺麗な魚   
長く死んでいた僕は、やっと生きれるのさ
君の中、今産まれた
赤子の様に、赤い僕
泣きやまない、赤い君

2007-09-05(Wed)

一人小喜利

お題
老舗寿司屋の大将を務める、中田重雄さん、この度35年の職人人生にピリオドを打つことになりました
さてその引退の理由は?

回答
1魚の目が怖いから
2酢の臭いが苦手だから
3どんなに万全に対策しても食中毒が出る
4ロボットが自分より上手く寿司を握る
5お客がコンビニや回転寿司の物を持参する
6一見さんによく一番下っ端と間違えられる
7引退を決める前から、従業員達が先代と呼んでくる
8直ぐお客さんと体の関係を持ってしまう(男女とわず)
9「大将っ」ではなく「多淫症っ」と呼ばれてる気がする、と言うか実際10回に1回はそう呼ばれている
10ガーリーファッションとは、ガリだけの女体盛りのことだと思っていた
11愛に生きることにした
12和食よりイタリアンの方が上手い
13寿司屋業界の隠語は解らないが、伊語はネイティブ並
14オリーブオイルやニンニクをふんだんに使いたい
15ブーツ形の半島の事しか頭に無い
16国技館よりコロッセオだろっ

言い訳はしません

2007-09-03(Mon)

ゆっくりふさがる穴

木曜日の午後、僕の心が終わりを告げた
もうあの娘を想わなくていいんだと
あの娘にゆだねていた僕の意味を返してもらったから
天気の良い午後、木漏れ日チラチラ、水面もチラチラ
僕の辛さをさっして涙がチラチラ
あの娘を想わなくても、お前はお前だよと
涙のレンズで見る陽はキレイすぎて全部忘れれそうだった

森本レオ風で読んで下さい

2007-09-02(Sun)

此処に要たい

辛い辛いと連ねるが、生きる事にしがみつく
死が怖いだけじゃない、何か有ると喰らい付く
諦めてしまうほど賢くは為れずに
死に抜く事が出来ぬなら、生き切ることをしなくては、仕方なく行く未知、それだけじゃないと知ってても、見えなくさせる雲掛かる、関の山で生き倒れ
絞り出した涙酌んで、咽喉の渇きに足し、やっと出た声で叫ぶように呟く、想い残す者が在ると
執念深く、未練がましく、身体を生に括り付ける
何に汚されても僕の命は、光を失ってはくれない、嫌気が差す程

野暮ったいのはわざとです。

プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。