--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-28(Thu)

短詩と甲乙

■女が自分の首を絞めるように言い囃した時の息の匂い

■温室の花々に紛れた身心の砕ける音を聴きし静夜

----------------------------------------------------


あっ、アレ観たい
アレ、あの映画


何?なになに


うー、タイトル思い出せん


今やっとるやつ?


うーん…有名な監督のやつ


ジャンルは?


ファンタジー


「アバター」?


違う、もっとダークなの


「かいじゅうたちのいるところ」?


違うって、あれダークか?


だって、かいじゅう…


かいじゅうが出たらダークか?





もっとオシャレで


オシャレでダークファンタジー?
…あっ、パルナサスっ
「Dr.パルナサスの鏡」ね


あっ
思い出したっ
「キラープッシー」っ





「キラープッシー」観たいぜ っ



TUTAYA行けっ
もしくはゲオ


キラアっ


何処がオシャレなダークファンタジーだよ
超B級ホラーじゃん


キラアっ


どっちかって言ったらだよ
「かいじゅうたちのいるところ」の方がオシャレだし


キラアっ





キラアっ


プッシー


キラアっ


プッシー


キラアっ


プッシー


キラアっ


プッシー


キラアっ


ちょっとっ


キラアっ


ちょっと待って


キラアっ




何?


何だこれ





んんで「プッシー」って



フランス語で子猫…


英語な

■「キラープッシー」観たいぜっ
スポンサーサイト

2010-01-27(Wed)

日記

■今日、ウチのお婆ちゃんが
ひ孫にお菓子をわたして

ほらホワイト「ロータリー」
って言っていっていたが

それはホワイト「ロリータ」だった

何かほのぼのとした

前にも
「ピカチュウ」のぬいぐるみを、ひ孫に見せながら
ほら「カトチュウ」だよーって言っていた

しかしこれは、ほのぼのとはしなかった

自分の憶え(言い)間違いの範疇を超えていたからだ

人は自分の理解の及ばないものに触れたとき
畏怖の念を抱く

ちなみに僕は昔キマワリのカフェドガイコツである方に

「はいっツヨぽんはロリコンだからこれあげる」と
「ホワイトロリータ」を勧められたので

「そうそう僕は白人の小さい女の子に目がないから」
と乗っかったら

周りの人達がかすかに退いていたのを感じた。

■お願い
私の王子様っ!
白馬に乗って私を助けに来て

カワイイお姫様に生まれて
こんな受身の人生を送りたかった
(今も攻めの人生でもないけど)

かつて物語以外でこんな人生が存在したのか知らんけど

■しまった、またアサヒ緑健の緑効青汁のCMに騙された
「なーっもーうCMかよ」
(まっ、そこまで「なーっ」ってならんけど)

2010-01-26(Tue)

ごった煮

■理屈を出すのは簡単だ

自分がこの先、良い方向に行くように
遣らなければならない最善の行動を
頭で考えて算出するのは易い

しかしいざ行動に移すと為ると
そこには気分、感情、気持ち等と呼ばれる「心」が
関わってくる

行動を起すには「気力」が要るのだ
気力を捻出するには
希望が必要だ
目標、(将来の展望)人(恋愛等、関係性)

希望を抱く対象が自分の将来ならばいいけど

しかし、人と為ると相手には人格があり
こちらの希望する関係性を拒む権利がある

受諾されなかった場合は
違う人物に、希望する関係性の受諾の可能性を模索しなければならない
恋愛で言うと「次に行く」である

一見言葉は悪く、行動的には「軽い」と見なす人もいるかも知れないが
相手のことを思うのであれば負担をかけないようにするのが当然である

僕は昔、恋愛関係を拒まれた時に
自分に心的余裕がなくなり相手に負担を掛けてしまう事が分かっていたので
一時的に距離をとって欲しいと願ったが
(自分が辛いからが、八割だけど)

相手は友人関係もなくなってしまうのが嫌でそれを拒んだ

確かに友人として僕が何でもないような顔をして居れたなら
それは理想的だが
僕は自分がそこまで強くないことを分かっていた

だから自分の弱さを認識し、それを念頭に置いたプランを提示したのだが

距離を置かれる事がその人にとって負担だったのだ

出来もしないのにそれを聞き入れて
結局、僕はその人の目の入る所で落ち込んで
あまつさえ酷いことを言って(して)しまった

最小の負担に抑えるのに失敗してしまった

いつでも情熱的である事が相手のことを思っているとは言えない
欲求を抑え頭を冷やした答えを出すめに
鼻につく言葉で言うと、クレバーに為らなければならない
もう一度鼻につく言葉を使うと、それがスマートだと思う
(スマートだって)

恋愛がスマートなものじゃないなんて分かっちゃいるが

そんな風に冷静な部分が出せるのは、
そこまでその人の事思っていなかったのだよ
と言う人も居るかも知れませんが

確かに失恋は辛いですが
その狂いそうな辛さの中で相手をどれだけ思いやれるかが
本当の思いではないだろうか
(これから先失恋する自分に言い聞かせている)

恋愛のこと語る前に鏡見てからにしろってな
失恋のことしか語っていないので大目に見てやって下さい

今回結局、何が言いたかったかと言うと
最近思っていたことをごちゃ混ぜにして吐き出しただけです
自分に良いように(例:上記の失恋の話の解釈)

どうか気力が尽きませんように。

■♪ちーぽっけなクモさん‥

あーっ
あーっ
あーっ

2010-01-25(Mon)

詩とか

■世界がまだ球体ではなかった頃
地平に向かって歩いて行けば
朝陽や夕陽にたどり着けた

そして地の果てから太陽に飛び込んで
目映い柿色に身を焼かれて死ねば
人は天国に行けた

だけど、ある時代に世界を球体にする人間が現れて
その時一緒に天国への道も閉ざされた

だから、もう僕達は天国へは行けない

■肋骨の中に吊るされた心臓が何かをブツブツと唱えている

黙らせようと鋭物を突き立てたら
骨に当たって阻まれた

胸と手にはグリッと嫌な感覚がついて

床が少し汚れたから拭いた

■外の木々や胸の内がざわめく日には
透き通った巨人がやってきて
明けるまで部屋ごと抱きかかえていてくれる

■喪服の群れ避け
火葬の窯そっと忍び込む
残された恋人

----------------------------------------------------
■ぼうやー

岡さんっ

ぼうや一人にしてごめんなさいね

さびしかったよー岡さーん



岡さん泣いているの?
どこか痛いの?

違うのよぼおや
何でもないわ
岡さんが悪かったの

岡さんはお父さんが死んでから淋しそうだ
だけどキレイだから男の人達がたくさん寄って来る
僕が岡さんを守らなきゃ

■僕の夢は君の望みを叶えること

とか言うと口が腐って落ちるらしい

だから僕は口に出さずに心の中で思っているんだよ

とか入力していたら指が腐って落ちた。

■甥っ子の面倒を見る事になり
一緒にDVDでも見ようと思いTUTAYAで借りてきた

しかし、僕の選んだものの内容が退屈だったらしく
一緒に見てくれなかった

だから、いじけて一人で見た。

■うたって

うたって

2010-01-22(Fri)

奇妙奇天烈

■昨日、「幻肉」(まぼろしにく)を見た
明らかに実体ではなく錯覚なのに、そこに存在する
頬の肉

頬杖をついた時により上がった頬
確かにそこに在るのに、図に起すと理屈が合わない
まぼろし

「肉幻」(にくまぼろし)だと音的に「夢花火」みたいになってしまう
(知らんはっ)

■「神様に成れる気に為っている人」
こう言う方は押しなべて幸せだ
と言うことで、
そう言う人に為ることにした
と言う架空上の設定
(ややこしい)

■マックで深夜2時を迎えると
天井が円形に開いて
巨大な顔がゆっくり下り出てくる

目が会うと、飲み物に電磁波を送られ
噴射して大惨事になる
いやだいやだ

■次の個展(6月、栄イントラート)のタイトルに悩む

コンセプトに副わせるべきか

でも、言葉の響きを好きなようにしたいしなー

「幻肉」にしようかなー(完全個人的ブームで伝わらない)

「幻肉」は白くてやわらかそうでかわいい

■藁を拾って先にアブを結びつけて、遊びながら歩いていたら

「そこを行く方」と男に声を掛けられ

その「アブの結び付けられた藁」と私の「屋敷」を交換しましょう

と言われ

「いいですよ」

と答えた

そして屋敷に住みながら裕福に暮らしたそうな

2010-01-20(Wed)

詩とか

■灰色の朝に挟まれて一日は存在して
落ちる様に早く背を追い立ててくる

幸せの総数は決まっていて
為ろうとすると目減りしてしまう

誰かを足蹴りにしたり
誰かにそうされたりする感触は
生への執着を薄くする

いまにも破れそうだけど
深刻な症状は出てこない

眠れるだけ眠る
奥の奥、最奥

友人が殺しに来てくれた
夢想

目に入るものが全て絶叫している
真冬の蝉法師

僕と居なくなる

■鼠色になってしまった透明ビニール
ごわごわして窪みには吸殻の沈む茶色付いた濁水

多少の重みでは撚れない折れ先が擦れて
上腕に赤い線を引いた

ひりひりと軽い痛みがしてきて
僅かに苛立たしかったが

埃っぽいビニールの汚れの事を考えていたら
何故だか胸が高鳴った


OK

OK

こちら〔希望〕

信号を送ります

信号が届きません

今から=?ISO-2022-JP?B==?=$B$3$

l$O(JJIS$B$NJ8yRCJso$G$9!#(Jこõ

午前03:49

この部屋は異次元空間の先に掛かってぶら下っている

電子メールは片道60夜

過量の合図をこめた手首には4針

鳥の嘴の様な巨星が前を行く

毛皮を纏って外に出ると

足元の水苔に気を付けて観測を始める

巻き戻しの念波

別離のテープの

壊疽を起したデータに

火薬を乗せる

装置達は硝煙に巻かれ

その間に見たように思い出した

うつぶせの彼女

肌には発光する毒

急き立てる

嗚呼(00)

帰?GD8hIxQgい

----------------------------------------------------

■サッカーのオーバーヘッドーキックで一点決めたら女子にモテるかな。

2010-01-19(Tue)

絵と詩

■蝶の腹を頭に持つ男
2436130_2189814167.jpg
複眼であの娘の姿が見たかった
たくさんのあの娘

蝶の口先ならあの娘の心臓に届く筈と思った

蝶に為ってから死ぬんだ
そうしたら、死んだ後も綺麗に飾ってもらえる

今までの醜さは幼虫だった

煌びやかな薄羽を背に生やせば
皆の目を奪える

罵った人達を見返せられる

今、僕は蝶に為って

だけど、目も見えないし、音も聞こえない

誰かの羨ましがる声を聞きたかったけど
何も聞けない

蝶には耳がなかったのだろうか

綺麗なものに向けられる視線も浴びたかったし

蝶の見る世界を見たかった

けどいいんだ

蝶に為るのは最高に良い気分なんだ

■鱗粉を溜めた浴槽

覗きの込むと一粒一粒に顔が映っている

頭の先まで浸かり大きく息をすると

肺いっぱいの神

蝶の存在は神と違わぬものだから

■毎日、蝶の鱗粉を溶いた薬液を注射すると
いつか蝶に成れるんだって

----------------------------------------------------
■「蝶の腹を頭に持つ男」
絵と詩を一つの作品にする試みは久しぶりです(2回目)

詩のための絵も描く気に
絵のための詩も書く気に
ならないけど
たまに一致します
これからも、たまたまそうなったら
と言う感じでたまにやります

■ナイスな愛の告白を思いついた

「君の部屋の映っていない暗いテレビ画面に
姿を浮かび上がらせてやる」

愛がこもっている。

2010-01-18(Mon)

お礼

磯貝 剛個展

「ビニール詰めの異形達」

無事終了いたしました

寒い開催期間でしたが、それに関わらず
来場して頂いた方々、本当に

ありがとうございました

お会いする事が出来なかった方々、残念でしたが
芳名帳へのメッセージの書き込みも
じっくり読ませていただきました

差し入れも嬉しかったです

長期間の展示の管理してくれました
高木クン、福井クン
ありがとうございました

今回の企画へお誘いしてくれました
サカイダさん
感謝しております

同時開催の
たましさん、廣田クンお疲れ様でした

皆様まことにありがとうございました。


 昨日、最終日17日はクロージングパーティーを
ギャラリー管理人の高木クン、福井クンが開いてくれていました

高木クンが美味しいおでんを作ってくれて
それを石油ストーブの上に乗せ
みんなで囲みお酒等を頂きながら談話

おでんの具材が次々とうれて減っていくと
お餅やウインナーをおでん内に投入

 こんなに寒い冬なのに今冬はスカートの下にジャージをはいている女子高生を見ていない

前の冬は、いた筈なんだけどなー

何故アレを見掛けなくなったかは知らないけれど
そのお陰で僕の心は晴れ晴れと澄み切っている

どうか、地球が爆発しても
女子高生のスカートが短いもので在りますように
そしていつまでもアルトバイエルンの様に弾けそうな太腿にお目見え出来ますように

 おでんに浮ぶウインナー(アルトバイエルンかどうかは知らない)を見ていたら
そんな思いに耽ってしまった

そんな個展最終日でした

(どんなだ)

2010-01-15(Fri)

短詩とか

■身体を失くした宇宙飛行士、想いだけ残る彗星の尾の中

■見知らぬ土地の浄水所に、思い寄せた漂泊の長髪

----------------------------------------------------

■年明け前の話ですが
神社の前で中学生カップルが容赦なくいちゃついていた

前にも、たましさんのカフェギャラリーでの個展を見に行った帰り道で
手加減なくいちゃついて歩く中学カップルとすれ違った

中学生はいちゃつく事に置いて容赦や手加減を知らなくて
現場に居合わせたこっちが所在をなくす。

■絶対、あの鹿の頭の剥製はこっちを睨んでいるっ!

ってそんなモン家にないけど。

----------------------------------------------------
■今週末でいよいよ個展は終わってしまいます

最終日の17日には在廊しております

会場開始時間から閉場までいます(13:00~19:00)

寒いですがどうぞよろしくお願いします。

個展

磯貝 剛 個展 
『ビニール詰めの異形達』

□同時開催個展

たまし 個展 『アキコゴエ』

廣田 慎太郎 個展 『狐白』

【場所】
犬山の「ダゴバ ギャラリー キワマリソウ」(2階)
http://www3.hp-ez.com/hp/dagobah/page7

〒484-0081
犬山市薬師町11-4キワマリ荘

地図
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
http://www3.hp-ez.com/hp/dagobah/page5

【日時】
2009.12/12(土)~2010.1/17(日)
1月2日、3日は休館致します
13:00~19:00 金・土・日のみ営業

※会場のダゴバ ギャラリー キワマリソウは寒いので厚着をして来られる方がよいと思われます。

2010-01-13(Wed)

詩とか

■全ての街路樹の膨れ上がった予知夢
狭間で回り続く電気メーターは黙っている

----------------------------------------------------

■今年は詩も公募なんかに送ってみようかなと思っている
詩の方が気楽に送れる気がするなー
引っ掛ったらラッキーだ。

2010-01-12(Tue)

詩とか

■雨降りの停留所で
「何か」に対して静かにリンチは行われていた

バスを待つ人々が無感情に「何か」を踏み蹴ったり
傘の先で刺したり

血混じりの雨水は坂を下って行く

そうされる為に「何か」はそこに在った様だ

「何か」は白い海豚に似ていたが
こんな所に海豚がいる筈もない

訳が分からなくなって
知らない顔で横切った

後で知ったのだけど
「何か」は、待ち時間の苛苛の解消のためのバス会社のサービスだったらしい

新しいサービスと言うのは最初は戸惑うものだ
僕も、少しすればあの光景に慣れるだろう

■浴槽の穴から、こっちを観察している

そいつは何時か
僕が風呂に入っている時に
底を抜いて向こうに連れ去る気だ

その時のことを考えると居ても立っても居られずに
好きな女の子の抜け髪を拾いに行った

向こうに行ったら、もう会えないかも知れないから

帰って来て、抜け髪を指に絡めて遊んでいたら
肉がずるりと削げ落ちた

あの娘の髪は身体のあちこちに喰い込んで
僕を絡め取っていく

見る間に身体は小さく
小人になってしまった

この身体なら、あいつが覗いている穴から
向こうへ行く事が可能だ

しかし、いざ行けると為ると醒めたものだ
僕の中で「向こう」は魅力を失った

こちらで小人として生きて見る方が何だか楽しそうだ

まずは、あの娘の所に行こう

今の僕を見たらきっと好きになるぞ

あの娘の性的思惑と僕の身体は一致しているから

■君の頭の中が地獄だとは知っていた

腐乱する水晶のイメージ

思った通りの色狂いだった

だから、好いたのだ

だから、薬を飲ませてしたのだ

■星の光は気が遠くなる旅をしてきた

何億と言う年月の孤独を通り抜けて

星好きの目には寂しさが蓄積される

長い孤独が辿り着くのはその目の中

■美しい母に塗り潰された幼年の細部

■それは、
夜の花園の害意の結晶
夜の花園の害意の結晶
夜の花園の害意の結晶
夜の花園の害意の結晶
夜の花園の害意の結晶
夜の花園の害意の結晶
夜の花園の害意の結晶
夜の花園の害意の結晶
夜の花園の害意の結晶(早口にっ!)

■チラチラ見ちる

■余す所なくの全身フェチ 

■「洋ピン」の「ピン」って何?

----------------------------------------------------

■今週末でいよいよ個展は終わってしまいます
17日には在廊しておりますので
寒いですがどうぞよろしくお願いします。

磯貝 剛 個展 
『ビニール詰めの異形達』

□同時開催個展

たまし 個展 『アキコゴエ』

廣田 慎太郎 個展 『狐白』

【場所】
犬山の「ダゴバ ギャラリー キワマリソウ」(2階)
http://www3.hp-ez.com/hp/dagobah/page7

〒484-0081
犬山市薬師町11-4キワマリ荘

地図
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
http://www3.hp-ez.com/hp/dagobah/page5

【日時】
2009.12/12(土)~2010.1/17(日)
1月2日、3日は休館致します
13:00~19:00 金・土・日のみ営業

※会場のダゴバ ギャラリー キワマリソウは寒いので厚着をして来られる方がよいと思われます。

2010-01-11(Mon)

絵とか

接吻
白展に出品した絵です

苦手とする小さいサイズに絵にしては
中々描けているのではないかと思いました

投票の結果としては不味かったですが

色々な方に褒めて頂いけて

僕のエロさが伝わっている事が分かり

嬉しい限りでした。

----------------------------------------------------

■前回の日記に書いた
「初詣の祈願のやり直し」をしようと
通りがかった神社に入ろうとしたら
神社の敷地内にはポツリと一人の小学2、3年生の女の子が自転車にまたがって立ち止まっていた

僕と目が合った彼女は明らかに怯えていた

人気の無いところに一人でいるところを変質者に抑えられて
「仕舞ったっ」と言った様子だった

必要以上に怯えさせては可哀相なので、その日の「祈願のやり直し」は諦めて去る事にした

「変質者」然とした佇まいを何とかしなくては。

■大須にある「モノコト」と「プシュケ」
で開かれていた
「それぞれの神様展」を見に行った
店内の神様に願い事を書いた短冊を神様に貼ってよいとの事なので
「初詣の祈願のやり直し」はそこでした。

■カッコいい童貞臭い一言

「君では絶対オナニーをしないっ!」

更に少し間をおいて、

「…汚したくないから…」

と、加えると効果的(かも)

言って見たいぜっ。

----------------------------------------------------



■年を跨いで個展はまだまだやっております
1月17日までやっておりますので
寒いですがどうぞよろしくお願いします。

磯貝 剛 個展 
『ビニール詰めの異形達』

□同時開催個展

たまし 個展 『アキコゴエ』

廣田 慎太郎 個展 『狐白』

【場所】
犬山の「ダゴバ ギャラリー キワマリソウ」(2階)
http://www3.hp-ez.com/hp/dagobah/page7

〒484-0081
犬山市薬師町11-4キワマリ荘

地図
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
http://www3.hp-ez.com/hp/dagobah/page5

【日時】
2009.12/12(土)~2010.1/17(日)
1月2日、3日は休館致します
13:00~19:00 金・土・日のみ営業

※会場のダゴバ ギャラリー キワマリソウは寒いので厚着をして来られる方がよいと思われます。

2010-01-08(Fri)

詩とか

■例えばヘッドライトの中で生まれてそこを出れば消滅してしまうような限定的な命

■傘からはみ出した部分が焼けそうに冷たくて
どうやって生きて行けばいいかわからない

■蚊柱は陽が落ちきる前の亡心の姿

■時化は過ぎ行き
棚引く煙の影に似た
大人しく伸びる思い出は
熱を出して眠っている

みっともないから止めたい
けれど、どうしても偶に為ってしまう涙声には
見える路地がある


そこだけ

その路地だけには
雪なんて降っていなかったのに

雪化粧が施されていた

----------------------------------------------------

■初詣でした祈願が一過性の血迷いでしてしまったモノだったので
もう一度神社に行こうと思う。

■こちらが一方的に「見る」立場
もしくは観察対象がこちらの観察の「している・していない」の判断のつかない状況では
観察者の優位性が精神的に確立される

と言う事に、
友人をボタンの留め穴から覗く事で確信を得た。

■視界の端で机から滑り落ちようとしていたノートを
そっちを見ずに(PCの画面を見たまま)キャッチした
何だか擬超人体験だった。

----------------------------------------------------

■年を跨いで個展はまだまだやっております
1月17日までやっておりますので
寒いですがどうぞよろしくお願いします。

磯貝 剛 個展 
『ビニール詰めの異形達』

□同時開催個展

たまし 個展 『アキコゴエ』

廣田 慎太郎 個展 『狐白』

【場所】
犬山の「ダゴバ ギャラリー キワマリソウ」(2階)
http://www3.hp-ez.com/hp/dagobah/page7

〒484-0081
犬山市薬師町11-4キワマリ荘

地図
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
http://www3.hp-ez.com/hp/dagobah/page5

【日時】
2009.12/12(土)~2010.1/17(日)
1月2日、3日は休館致します
13:00~19:00 金・土・日のみ営業

※会場のダゴバ ギャラリー キワマリソウは寒いので厚着をして来られる方がよいと思われます

2010-01-05(Tue)

書く事の無い日記

 日記に書くような事がないのに
日記を書きたいと言う欲求だけがある時は、
どうすれば良いのだろうか

 実際には起こっていないウソの出来事をあたかも身の上に起こったかのように書く

をやってみよう


 今日、僕はゲオに行って中古ゲームを買って家に帰るとずっとそれをやっていました

途中、友達から電話が掛かってきて、明日の夜に仕事が終わってから遊ばないかと誘われた

明日もゲームがやりたいから悪いけど誘いを断った

夕飯は月見うどんを食べた

今日は徹夜してゲームをやろうと思う。

※画像は今日買ったゲームでーす



フィクションなのに地味っ

そして「ニート色」が強い

画像無いしな

でも日記を書きたいという欲求は何とか満たされたからいいや。

2010-01-04(Mon)

詩と琴の音

■仰向けで居た
その思いは天井にびっしりと腐り爛れた花を咲かせ

死に掛った日と同じ数

蕾が炎症を起し開いたんだ

溶ける花頭を浴びながら
いつもの様に気のふれた人間に為り切った

だけど、その日が違ったのは

カーテンの隙間から外を覗いているだけではなく

出掛けれたのだ

取っておいた彼女の服を着て


無性の落花


僕は花の影に成れた

                 花影(かえい・タイトル)

■脳裏から降った歪みには動物の死体が挟まって
燻らせていた甘い香り

■神経や血管が床面を這い根付いている
表皮は広がってその上を被う
万年床、鈍色の台所

----------------------------------------------------

■お正月です

色々な場所で琴の音を聴くことができるお正月

スーパーマーケット等では昔流行ったJ-popの琴バージョンが流れていたりします

 
 皆様、

明けましておめでとうございます

この年に為るとお年玉を貰える事をとっくに諦めて
むしろ、あげる側に居ないといけないのですが

やはり、貰えるモノならお年玉は貰いたいモノです

そんな事を思いながら、正月早々友人と行ったファミレスでパンツが見えていた女の子がいたので
(もしかしたらパンツじゃなかったかもしれないけど、夢は持ちたい)

本年は、それがお年玉代わりだと思う事にしました

しばらくしたらその女の子と目があってしまい
(いい訳くさいがパンツが見たくて何回もそっちを見ていた訳ではない、たまたまだ)

去年までの僕ならば、
パンツを見た後ろめたさから目を逸らしていたところですが

今年の僕は違います
むこうが気持ち悪がって目を逸らすまで見続けます

今年はやるのです
(どうした、性犯罪者になるのか)

そんな進化した僕を、本年も宜しくお願いします。

----------------------------------------------------


■年を跨いで個展はまだまだやっております
1月17日までやっておりますので
寒いですがどうぞよろしくお願いします。

磯貝 剛 個展 
『ビニール詰めの異形達』

□同時開催個展

たまし 個展 『アキコゴエ』

廣田 慎太郎 個展 『狐白』

【場所】
犬山の「ダゴバ ギャラリー キワマリソウ」(2階)
http://www3.hp-ez.com/hp/dagobah/page7

〒484-0081
犬山市薬師町11-4キワマリ荘

地図
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
http://www3.hp-ez.com/hp/dagobah/page5

【日時】
2009.12/12(土)~2010.1/17(日)
1月2日、3日は休館致します
13:00~19:00 金・土・日のみ営業

※会場のダゴバ ギャラリー キワマリソウは寒いので厚着をして来られる方がよいと思われます
プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。