--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-02-26(Fri)

■ある日、空から暗号指令文が降りてきた

命に代えるモノは命しかない

血よりも濃い赤
火よりも強い赤

一時停止の中でも
その真っ赤な想いは動いている

宇宙人襲来!

君を異次元に連れ去らせはしない
侵略者の光線銃でも僕の赤は焼き尽くせない

天変地異!!

隕石も受け止めて見せる

僕の命が一つでも100個でも君の為のもの
君の中で生きたいから君の為に使う

血が灰色になった
網膜から色が剥がされた

指や耳は千切れて落ち葉に紛れてしまい

氷の中でも脈を打つ

心臓は焦げてひび割れて

骨を押し込む

僕は愚かで弱いけど
ここに真紅の想いを持つ

例え頭のおかしい奴と思われても

僕は君を護りに来た

■僕らは半分どうしの
半分人間

身体も心も半分で産まれてきて

足りない身体の半分と
足りない心の半分を
求めて探していた

僕らが身を裂かれたような想いを感じているのは
そのせいだ

君と僕は
二人が一つに抱き合ってやっと一人の人間に為れる

二人で一人
二人は一人

夜見る夢も半分ずつに

君は僕の夢の続きを見る

君の夢の続きを僕は見る

二人で一つの夢を見る

僕らは半分人間
僕らは一つ

■君の肩が手に収まる

丁度だった

君と僕の距離がこの世で最も離れたものになったとしても

この手は僕の手として残るし

君の肩の大きさも変わらない

何も変わらないだろう



■今回の詩は恋文


■君への想いがチェストバスターのように
胸を食い破って出てきそうだ

※「チェストバスター」エイリアンの幼態
スポンサーサイト

2010-02-26(Fri)

■架空のバスルームで水中に煙る血液

広がる

切った傷は小さな心臓に為ったかのように

ズキズキどくどく
と脈を打っている

その反復に絡み取られ
自分と眠りが混ざってゆくのが解る

赤インクに浮き沈み

作り物の躯

■僕の涙と君の血が部屋の中に降る
土砂降りの雨

君の血の光沢はルビーと同一のもの

遅れて赤みを帯びる削ぎ口はルビーの結晶

溢れてくる液状のルビー

君の命は赤い石に為って出る

床に
壁に
ベットに
天井に
宝石で出来た花が飾られる

止まらない

際限無く降り注ぐ
ルビーの粒

何でこうなったんだろう


ルビーが血に染まっていても誰もそれに気付かない

■僕は君が好きだ
君は痛みが好きだ

だから結びつく為に傷つけあう

ガラスが割れて君が怪我をすると

傷に指を入れ膣内の様な温もりに
愛が在るか確かめる

痛みは希薄のようだ

ガラスの破片をカミソリの代わりにして
傷口をキレイにしてあげる

そうしていたら僕は血の色に為ったガラス片がおいしそうに見えて
口に入れてしまった

切れてしまうことを知っていて
それが、頬を破っても痛みは希薄

これが現実だからだ
君も僕も痛みに慣れ過ぎた

血だらけの僕の口を君の傷に付ける

中身を同じにしていく

口を離すと何本も赤い糸が引いた

僕達はこんなにも沢山の運命で繋がっている

狭い部屋には二人の血の臭いが充満していた

君は血をいっぱい出したから眠たそう
ガラス粒の付いた手で眼をこすって

だけどふと、出血の量に死を予感したのか
ニヤケるのを押さえられない様だった

君が嬉しいと僕も嬉しい

繋がっているのだから



■今回の詩は「血」をキーワードにしました。

2010-02-26(Fri)

■大好きな彼女の破片を見つけた

拾い上げて家へ持ち帰り
手の平の上に置いてずっと眺めた

幸せが胸にやって来る

しかし彼女をどうやって保存をしておこう

そこでビンに入れることを思い付いた

キレイなビンを探そう

だけど考えてみると世の中に汚れていないビンなんて無いじゃないか

何て事だろう

いったい何に入れておけばいいのだ

再び閃いた
そうだ、僕が入れ物になればいいのだ

でも食べてしまっては駄目だ
排泄されてしまう
だから食道ではなく気管の方に
胃ではなく肺の方に入れればいいのだ

空気と一緒に吸い込む様に
吸い込んだ

喉に支えてしまった

息が出来ない

何てことだ、僕は命を落としてしまう

しかし考え様によっては、これで
人ではなく入れ物として在ることに専念ができる

彼女の入れ物として
僕は

■「カチカチ」とカッターの刃が伸び出る音を聴きながら少女は
亡骸にされてオモチャの様に扱われる自分を夢絵描く

その想いで自分の顔を切り刻んでいてしまった

少女の顔が好きだった僕には怒りが在り震えた

こんなにも好きだったから
そのキレイな顔は僕のモノの筈だったのに

僕がキレイなものをグチャグチャにしたかったんだ

君も気に入っていたんだね
だから壊したくなったのか

もう一度キレイな顔で産まれてきて

何回でも君の顔を挽き肉にしてあげるから

そのために君は生を受ける

待っているよ

■あの娘に想いが届かないなら
僕に筆を握らせて下さい

僕に幸が訪れなくても
どうか絵を描かせて下さい

そうしたならば
幾夜でも孤独な夜を乗り越えて見せます

だから僕に届くことのないこの想いを描かせて下さい

その想いに殺されそうになって死の際に立てば
そこに見える絵を描くだけです

生きることは泣くことで
死ぬ時は描き終える時

■みんな寂しいのか
僕だけじゃないのか

落ち込むのが怖いのか
僕だけじゃないのか

-----------------------------------------------------

■「あの娘に想いが届かないなら~」
って詩は昔、失恋してラクガキですら絵が描けなくなってしまった時に
書いた詩です

今は描けるからいい。

2010-02-24(Wed)

詩とか

■何も無くした今
時折り記憶に引っ張られて
空席に君の像を座らせてしまう

「女性」と言う区枠の背表紙が君の名前になってしまっているから
女性に対する欲求、想い、を君に向いたものと錯覚する

君の笑顔は切っ掛けに過ぎず
僕の中の女性像が君を媒体にして
現実性と言う増幅器に掛けられ肥大化し
僕の内側から破ったのだ

その感情は僕の理屈を無視したのではない
感情を抑制できるものとして
それを組み込まずに立てた張子のモノだった

想いの対象は受け皿にはならず
自己完結できないその想いは
質量をそのままに性質を変化させ
負のものに

僕から陵辱を受けた
僕の中の君

それは僕の一部である

僕は自己に暴力を働いたのだ

だけど、それによって僕と君は最初から一つだったのだと気付いた

君は僕の頭を壊す

僕は頭の中の君を壊す

-----------------------------------------------------

■詩は5年位前に失恋した時書いたものに手を加えたものです
(昔から陰湿)

■完璧な世界なんて
存在しない所には行って見たくなるもの

■KFC二期生

とか書いても違和感がない

空恐ろしいぜ、ケンタキーフライドチキン
(別に空恐ろしくはない)

■心なんて安定する訳がないのは知っている

心が安定してから事を運ぼう何て思っていたら
何も出来やしないな

不安の中を溺れそうに泳ぎ進んでいれば
行動が不安をかき消してくれるかも

2010-02-21(Sun)

■屍体性愛の胎の暗闇に
為すことのない精子達は尾を静めて何かを待つ

■嗚呼
今日も君の口の中で
歯列矯正の金具が
生温かさを帯びて
鏡状の表面を唾液が湿らせているのかと思うと

僕はもう
団子虫になって
瓦礫の下で
そのことばかりを考えていたい

■食器皿に敷かれた水銀

ヘンリーは
机に置かれ、皿底を覆うそれを見詰め
自分の性器を手で触っていた

しばらくしてその上に精液を出した

一部形を成し白く粘るそれは
金属めいた液体と混ざることはなかった

息づかいは興奮を示していた

それは陰部を摩擦するための体力の消耗ではなく
感情の高ぶりがもたらしたものであった

ヘンリーは喜び勇んだ

「僕は15歳にして水銀を犯したのだ」


液体であって金属的な美しさの征服の達成に充足していた

そして、これからも永遠に独占し続けたいと願った

ヘンリーは17歳で発狂をし
ついに、水銀への独占欲を叶えた

そして、18歳に水銀中毒にかかり
幸福のもと生涯の幕を下ろした

2010-02-20(Sat)

詩とか

■苦しみを手元に置いて
ミイラの様に縮こまり
汚れたまま更に汚れていくように
毎日を憎んでいる

僕は自分であることすら止める

何かに摑まることに失敗した

此処には何も無くなる

■身体は地と反発して浮き上がり
足下から全てを刈り取られてなくす

僕の上に積もる雪は
自我を殺そうとした自我

行き止まりの壁を見つめ
海に墜ちた鳥のように
器は虚しさで溢れ返っていた

吸った息が重く、目を閉じてもそこに眠りは無い
だけどこのまま目を開けるつもりもない

身体から心を引き剥がす音が掻き消してしまって
外からの音も入って来なくなった

逃げることからも逃げ出したい

僕達はあそこから来たのに
そこに帰ることが何故怖いのだろう

今、渡っている橋は遠く向こうに見える橋と同じ

孤独よ僕を一人にしないで居て
何もかも麻痺させておいてくれ

■太陽が頭の上から生や死をちらつかせ
更にその上から星達がお前の小ささを罵る

頭脳は袋の中
身体はフィルムに焼き付けて
心臓のスイッチはOFFにしておく

無用なモノはなくなった

君のフタを開けて
僕の欲を放り込んでかき回す

その毒は身体を温める

上手く混ざるだろうか君の嘘と

爪の間から肉が入ってくる
ナイフは胸に刺してある

カバンにはちょうど高級高層マンションが入っているから
そこから飛ぼう

僕達には羽根がないから
少ししか飛べないけど
きっと気持ちいい


僕は僕が殺した虫

僕はもぎ取られた人形の首

僕は土に還らない死

僕は君の心が作った陰の最暗部

僕は傷口

君よ、どうでもいいものになってくれ

死んでしまえばいいんだ
僕と一緒に


二人なら全てになれた


簡単に壊れた
そうなる事が前提の様に

着地した横断歩道は
巨大生物のアバラ骨

命と引き換えに神様に訊ねても
何も返ってこない

神様は見ていない

何故なら
君は只の僕の言葉にすぎず

僕は汚水路に浮くビニールのゴミだった…………………
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

-----------------------------------------------------

■今回の詩は過去の憂鬱でした。

■下の甥っ子がちんこを出してはしゃいでいたら
次の日に熱を出して自分の誕生日パーティーをふいにした
やるぜ家の甥っ子。

■大好きな異性の前で鼻クソがブランコしていても
それは世界の終末ではない。

■あれっ
さっきもオシッコしたよなー
何でまたしているんだ

って言うぐらい
寒い部屋に居るとオシッコが近い
目と鼻の先

大丈夫か寒さで脱水症状に見舞われないか。

-----------------------------------------------------

■告知です
尾張旭のGALLERY龍屋さんで現在やっております

プロポーズ大作戦

に展示販売させてもらいます

テーマは「贈り物」
だと言うことで
キスの絵を描かせていただきました

今回の僕の作品コンセプトは

「だってキスって最高の贈り物じゃない」

です

自分の中で最高のコンセプトを打ち出せたと自負しております

そんな作品を観に皆様是非足のお運びをお願いいたします。

プロポーズ大作戦 -タツコン番外展-

日程/2010年2月17日(水)~2月27日(土)
営業時間/AM11:00~PM7:00 入場無料
※20日(土)27日(土)AM11:00~PM3:00
出展者↓
葵 久容、あおりーん、アマノ、磯貝 剛、伊藤 真帆、イノヤ、cocoon、小島 千明、TAKOまま、TYUTYUNAI.、T's Favorite、寺岡 麻美子、丹羽 聡子、羽鳥 聖子、華、フカザワナオコ、m;co、松島 由佳、ミヤザキ キラコ、宮地 香里、山内 友見、村田 祐一郎、他


龍屋常連作家結婚記念企画展。
テーマは「贈り物」
貰って嬉しい、プレゼントして喜ばれる、素敵な作品を展示販売。

龍屋とは長いお付き合いのかえでとしおさんが待ちに待った結婚パーティーを開催。
さらにタツコン2008で出会った二人の作家がこの度めでたくゴールイン!
さすが町で噂の婚活ギャラリー!!
そんなわけで、二組を祝福する結婚記念企画展を考えちゃいました。

展覧会中に二組の作家に贈る、お客様参加型企画もあります。
作家さんのお知り合いはもちろん、面識の無い方もお気軽に御参加下さい。

2010-02-15(Mon)

詩とか

■鋏と婚約のあの人に定められた惨死の一夜

■何も乗らない乳母車をあやす母親らしき夕靄

■沼底の亡き骸に気付いた頃、毛布に籠る薄明

■ステンレスにぬかるみの胎児、顔の半分と気配なく

■コマ送りみたいに飛ぶ大きな蛾が僕の意識を荒らしに来る

■猛禽の爪に絡まりし千切れ乾いた白髪は剥製より命はなし

■盲者にじっと見詰められながら僕は踏み切りの中で青空に殺された

■時間の軸は回転運動をして引力を生む
始めは最も外側に誕生し徐々に中央へと引き込まれて行く
それに伴い円周は縮まり時間間隔は短くなる
そして最期には中心軸に吸い込まれてしまう

-----------------------------------------------------

■小さい頃、遠くの親戚の家に行った帰りに車の中で眠ってしまい
家に着いて、親たちが起さないように僕を抱きかかえて運んでくれていたとき
かすかに眼が覚めて意識半分に揺れを感じていた心地よさにかえりたい。

■「ゴム人間」になれた、と思ったが違うようだ
が、「ゴム人間になれたと思ったがそうではなかった人」にはなれた。

-----------------------------------------------------

■告知です
尾張旭のGALLERY龍屋さんで
展示販売させてもらいます

テーマは「贈り物」
だと言うことで
キスの絵を描かせていただきました

今回の僕の作品コンセプトは

「だってキスって最高の贈り物じゃない」

です

自分の中で最高のコンセプトを打ち出せたと自負しております

そんな作品を観に皆様是非足のお運びをお願いいたします。

プロポーズ大作戦 -タツコン番外展-

日程/2010年2月17日(水)~2月27日(土)
営業時間/AM11:00~PM7:00 入場無料
※20日(土)27日(土)AM11:00~PM3:00
出展者↓
葵 久容、あおりーん、アマノ、磯貝 剛、伊藤 真帆、イノヤ、cocoon、小島 千明、TAKOまま、TYUTYUNAI.、T's Favorite、寺岡 麻美子、丹羽 聡子、羽鳥 聖子、華、フカザワナオコ、m;co、松島 由佳、ミヤザキ キラコ、宮地 香里、山内 友見、村田 祐一郎、他


龍屋常連作家結婚記念企画展。
テーマは「贈り物」
貰って嬉しい、プレゼントして喜ばれる、素敵な作品を展示販売。

龍屋とは長いお付き合いのかえでとしおさんが待ちに待った結婚パーティーを開催。
さらにタツコン2008で出会った二人の作家がこの度めでたくゴールイン!
さすが町で噂の婚活ギャラリー!!
そんなわけで、二組を祝福する結婚記念企画展を考えちゃいました。

展覧会中に二組の作家に贈る、お客様参加型企画もあります。
作家さんのお知り合いはもちろん、面識の無い方もお気軽に御参加下さい。

2010-02-10(Wed)

詩とか

■マニキュアのわずか剥れた爪の内側から覗いている眼
紙飛行機の先が刺さった不運以前の眼

■枕にあたま置き耳元に流れるドブ水は床下の父のもの

■牡丹の花はたっぷり血を含んで身を落とす

地面にはべちゃりと、人間が脳漿や髄液を広げるような

そこで二度目の花を開く

その音を聴いてハチドリは性を覚える

地を這う百足の毒が怖いならその重みで潰してやればいい

■粘土と粘土が一つの塊になるように
10階から飛び降りて来る君を受け止める

■二人の居るべき場所が同じだったらいいな
僕は君の隣に足の骨を打ち付けて、皮を縫いつけた
だけど何処かへ行ってしまった君
僕がここから動くには血と痛みが沢山

■彼女は何も出来ない
手が炭化してもろく崩れてしまう

狐火ともる
サナトリウムの長い廊下
黙認している

胸の肉の奥にうずまり窄む感覚器官
眠ったままの方がいいかも知れない
それが醒めると部屋が鳴き始める

昼間そとに見える石の表面に蓄積された光明
その裏に生す解き難い遺恨も移ろいには啄ばまれる

彼女は手を取り戻した
僕を拒んで除ける為に

■火炎の夜
気づくことの出来ぬ間に赤黒く焼かれてしまう
摂氏800℃闇の中からの風
それは心の内に「憂鬱」と名で吹く

■肺を擁いて押し黙る鳥篭、さえずるのは一羽だけ

■鬼百合の信仰心
フラスコに白む神
ガラス片混じりの脳
神に為るまで幻を見る魚
見世物ことばを喋る善人の頭部
プランターに枯れ付く聖なるもの

-----------------------------------------------------

■寝てもいないのに寝言を言うような人間になりたい
くない
なってる

■睡眠を取る時間が不規則

フワフワスースーする

■あと、「寺尾 聰」を「曇りガラス」って呼ぶな
せめて「ルビーの指輪」と呼べ
いいか、人を歌い出しで呼ぶな
最低限ヒットソングのタイトルで呼ぶのが礼儀だっ

-----------------------------------------------------

■告知です
尾張旭のGALLERY龍屋さんで
展示販売させてもらいます

テーマは「贈り物」
だと言うことで
キスの絵を描かせていただきました

今回の僕の作品コンセプトは

「だってキスって最高の贈り物じゃない」

です

自分の中で最高のコンセプトを打ち出せたと自負しております

そんな作品を観に皆様是非足のお運びをお願いいたします。

プロポーズ大作戦 -タツコン番外展-

日程/2010年2月17日(水)~2月27日(土)
営業時間/AM11:00~PM7:00 入場無料
※20日(土)27日(土)AM11:00~PM3:00
出展者↓
葵 久容、あおりーん、アマノ、磯貝 剛、伊藤 真帆、イノヤ、cocoon、小島 千明、TAKOまま、TYUTYUNAI.、T's Favorite、寺岡 麻美子、丹羽 聡子、羽鳥 聖子、華、フカザワナオコ、m;co、松島 由佳、ミヤザキ キラコ、宮地 香里、山内 友見、村田 祐一郎、他


龍屋常連作家結婚記念企画展。
テーマは「贈り物」
貰って嬉しい、プレゼントして喜ばれる、素敵な作品を展示販売。

龍屋とは長いお付き合いのかえでとしおさんが待ちに待った結婚パーティーを開催。
さらにタツコン2008で出会った二人の作家がこの度めでたくゴールイン!
さすが町で噂の婚活ギャラリー!!
そんなわけで、二組を祝福する結婚記念企画展を考えちゃいました。

展覧会中に二組の作家に贈る、お客様参加型企画もあります。
作家さんのお知り合いはもちろん、面識の無い方もお気軽に御参加下さい。

2010-02-08(Mon)

一人小喜利と告知

■お題1

大家さんにゴミの出し方で怒られてしまいました
どんな出し方をしましたか

回答

・袋に入れなかった

・曜日は雰囲気で

・どうせ燃やすのだから気を利かせて火をつけておいた

・火葬すべきものを出した

・生きたまま出した

・父親に「お前はゴミだ」と言われたので自分を出した

・ボクシンググローブを出したら
「これお前の夢だろっ…チャンピョン」
って返された

・早朝に自分で作詞作曲した「ゴミ出しの歌」を歌いながら出した

・前回の反省を踏まえ、早朝に「ゴミ出しの歌」をスタジオでレコーディングしてCDにしたものを再生しながら出した

■お題2

あなたの地方の言い伝えを教えてください

回答

・へその上に梅干をのせて寝るといい
(何にっ)

・母親が人を殺すと風邪が少しよくなる
(見合ってない)

・息を止めて死ねるか確かめるヤツは馬鹿だ
(確かに)

・一度死ぬと生き返れない
(そうだね)

・死んでも八割がた生き返れるから大丈夫
(信じたら危ないね)

・死んだら死ぬ
(深すぎてもう意味がわからないねー)

・鰹節で出汁をとると美味しい
(知ってる)

・「いいとも」に出ると花が届く
(そうかー)

・鰯を食べると英語が喋れるようになる
(じゃあみんな喋れるね)

・鰯は英語を喋れる
(まず喋れないね)

・鰯は英語
(違うね、日本語だね)

・虎穴に入らずんば虎児を得ず
(言い伝えじゃないね、ことわざだね)

・そこまでして虎児はいらない
(みんな思ってるね)

・オイラー飼いたいけどよーお母ーが飼っちゃダメって言うに決まってらー
(どうした急に、虎児の話かなー)

・虎児w
(ツボだったのかい?)

・武士は食わねど高楊枝
(さっき注意したのにね、またことわざだねー)

・武士は食わねーど
(どこの訛りだ)

・あっし?あっしですかい?
あっしは有り難く頂きやす
お侍さまはいらないですよねーこんなもの
おいっ、お侍さんの分はいらねーど
あっし?あっしですかい?
あっしはこのとおり有り難く頂いておりやす
おーありがたい、ありがたやー
おいっ、おいっ、お侍さんは食わねーど、ひっこめとけっ
(どんなシュチュエーションなんだろーね)

-----------------------------------------------------

■足は痺れる為にある

■今度、メーテルと銀河鉄道に乗って
「オナニーをしなくてもいい身体」を求めて旅をすることにする

-----------------------------------------------------

■告知です
尾張旭のGALLERY龍屋さんで
展示販売させてもらいます

テーマは「贈り物」
だと言うことで
キスの絵を描かせていただきました

今回の僕の作品コンセプトは

「だってキスって最高の贈り物じゃない」

です

自分の中で最高のコンセプトを打ち出せたと自負しております

そんな作品を観に皆様是非足のお運びをお願いいたします。

プロポーズ大作戦 -タツコン番外展-

日程/2010年2月17日(水)~2月27日(土)
営業時間/AM11:00~PM7:00 入場無料
※20日(土)27日(土)AM11:00~PM3:00
出展者↓
葵 久容、あおりーん、アマノ、磯貝 剛、伊藤 真帆、イノヤ、cocoon、小島 千明、TAKOまま、TYUTYUNAI.、T's Favorite、寺岡 麻美子、丹羽 聡子、羽鳥 聖子、華、フカザワナオコ、m;co、松島 由佳、ミヤザキ キラコ、宮地 香里、山内 友見、村田 祐一郎、他


龍屋常連作家結婚記念企画展。
テーマは「贈り物」
貰って嬉しい、プレゼントして喜ばれる、素敵な作品を展示販売。

龍屋とは長いお付き合いのかえでとしおさんが待ちに待った結婚パーティーを開催。
さらにタツコン2008で出会った二人の作家がこの度めでたくゴールイン!
さすが町で噂の婚活ギャラリー!!
そんなわけで、二組を祝福する結婚記念企画展を考えちゃいました。

展覧会中に二組の作家に贈る、お客様参加型企画もあります。
作家さんのお知り合いはもちろん、面識の無い方もお気軽に御参加下さい。

2010-02-08(Mon)

■うす静まり返り嘆く留守間の窓ガラスについた露

■電線に絡みついた実体を見上げるゆめまぼろしの朝

■よる部屋の黒さに惑わされ虚ろに垂れる幽愁の粘液

■暗き階段に広がる星雲、二階には空の子供部屋

■亡き数に入れられる影踏み負けた児、火の姿

■部屋にはヒーターの石英管だけが点いて
可視できるものは総て赤がかった
だけど口角に溜めた泡だけはやけに白々と

頭の中に蕁麻疹がいっぱい出来たと言って
何本もの赤チンを搾り出して飲み干していた

それから彼女は起きてこない

この世に悲しみは皆が後悔するだけの量がある
プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。