--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-10-22(Fri)

 昼に起きた

水が出ない

蛇口を捻り切ったけども


口の中が気持ち悪いから歯を磨きたかったのだが

外で音がする
様子を伺おうと廊下に出ると
作業着姿の男がいた

断水工事だと言っていた

そんな予定はなかった筈だ

なんでも、406号室の住人の妄想が水道管に詰まったのだそうだ

しかし、このマンションは3階までしかなく
406号室なんてものはない

三時間の工事の末
水道の詰まりは直った

取り出された妄想は赤子の形をしていたらしい


二次妄想だ

さっき406号室などないと言ったが
僕は406号室を知っている

406号室は僕がした妄想だ

406号室の住人の女は、
僕が寂しさを紛らわすために造った

だが、僕が妄想を細部までし過ぎたのか

女は僕の妄想から自立しやがった

そして、
妄想のくせに子供を欲しがったのだ

妄想には子を宿す胎がない

だからマンションの貯水槽を自分の胎の代わりにして
子を産もうとしたのだろう

だけど、それが流れて詰まったのだ

きっと

水道管に詰まった赤子が
僕の二次妄想だとばれたら
工事費を負担させられるかもしれない

家賃は三ヶ月滞納しているし

もしそうなってしまったならば

いよいよ何も払えなくなり
ここを追い出されてしまう

下手をしたら406号室分の家賃も払わされるかもしれない

こうなったのは全部あの女のせいだ

疎ましい女
殺してしまおう

自分のした妄想だから誰にも文句を言われる筋合いはない

僕は無い階段をのぼり
406号室に入ると

女は玄関に背を向けて泣いていた

当たり前だ
欲しかった赤ん坊がダメになってしまったのだから

その悲しみを見ていたら

僕の中の殺意は「消したい」に姿を変えた

罪悪感と後悔を込めて

部屋から持って来ていたバールで背後から思いっ切り女の頭を割った
スポンサーサイト

2010-10-14(Thu)

告知

 次の日曜日から犬山のキワマリ荘
ダゴバギャラリーにて
イヌハコンと言う企画に参加させてもらい展示しております

HP http://con-project.com/

期間は10月17日(日)~10月31日(日)
です

会場は木・金・土・日のみ営業なので気をつけてください

出展作品は何か楽しいモノになったので
是非、足のお運びをお願いします。

P.S.
「P.S.愛してる」
って番組タイトルは
長寿番組故に馴染んでしまっているから
耳にしても一々引っ掛からずに済んでいるが

やはりよく考えると気恥ずかしいタイトルである

しかしその事を
番組が始まって随分経った今、指摘する事は

馴染んでしまっているモノに対してとやかく言う気恥ずかしさを孕んでいる

とか
そんな事はどうでもよい

2010-10-06(Wed)

ぽつり

落ちこみは鋳型に流し込まれ複製されるが

心は折れてもトカゲの尻尾の様に生えてくる

哀れむな但し書きの人生さ。

2010-10-05(Tue)

色々

■「一回寝ただけで彼女面するなよ」ってのがあるけど、僕なんかは一度会っただけで彼氏面したいね
でもこれ頭のおかしい人だね

一度会っただけで「彼女です」って紹介されたら女の子にとってホラーだね

■「ノーフューチャー」って言うと何故かお気楽に聞こえるよ、未来が無いのに

■「女の涙には弱い」ってのがあるけど、女の子に泣かれるまで行かないから自分が女の涙に弱いかどうかわからないよ

■恋愛のパターンを一通り経験してきた人はいいよね クールで

■笑えるくらい自業自得な人っているよね

■整い過ぎている顔は詰まらないよ。
そう言う女性がつき合ってくれるなら勿論つき合うけど

■一日何もしてないのに寝るって言うのは勇気のいる決断だよ

■虫のいい話しをすると大抵説教されるよ

■繁殖期のキリンのオス達は首をぶつけ合ってメスを奪い合うんだけど、人間に置き換えたら凄い事だよね。
人間に置き換える必要は全くないんだけど

■僕は初個展の時、タイトルを「のっけやっつけ初っ端下ネタ展」にしようかと思ってたけど思い直してよかったよ

後「僕ら真っ暗展」て言うのも考えたけど何でダジャレ傾向なんだろう

■ツイッターで偉い人っぽい人にフォローされるとびくつくよ

■悠長にしている場合じゃないけど悠長にしていたい

■「私を女として見てよっ」て言うセリフがたまにあるけど、
僕は「私を女として見てよって言ってよっ」と言いたいです

■「調子にのってる」って、
言葉の意味そのままで捉えたら誉められてるみたいだよね

2010-10-03(Sun)

嘲笑

 液面に張る薄膜は、
液中の灰汁や液上の埃でくすんでいた

底を触手が這うと、
液の流れが沈み積もった澱を扇ぎ立て

少し浮いた澱が再び落ちていく様はスノーグローブを思い出させる

収縮しているが拡げると触手の直径と同じ大きさの穴が膜には空いていた

それが僕の特殊性になる


妄想を汚されると言う事は、
その妄想を笑われる事ではなく

自分にとって、その妄想より魅力的なことをされることである

生きてきた場所を汚されるのは哀しいし

もっと奥に逃げ込まなければならない

僕は何とか行ける筈だ。
プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。