--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-02-26(Sat)

■蝶を轢いた

あの羽根もようは

先夜も

殺虫灯の放射する淡い青の中を飛んでいた




■枯れ草の海が際限なく続いた

そこでは皆がそろって顔を焼く

空は黒色

火に顔を焼かれながら言う

愛しいものがないと


寂しい思いはせずに

愛がどんなものか想像する


無理しなくていいんだよ




■僕はいつも小さなクモに愛撫をしていた

今は行方を知らない

巣だけが部屋の隅で
収縮したり
膨張したり

肺のようだったり


肺から空気を全て抜いて

とまりたい

お胎のなか

僕は沈澱物

穏やかな希死念慮

頭には思い出すものがなにもない

なにもない

暗闇すら無くなってしまう

もう一度
巣を張って

待ってていて

■膣内に溶解

微弱の発光性を持つ

兎の見る幻覚




■今度は、射抜けと言う合図

ピントの合わない画面

眼の中にホチキスの針が生まれ落ちて

手が開かない

眠らないし
血は出ない

死にかかった血を

血小板は髪を乱して

熔けた鋼のなか螺旋状に積み上がっていく

これは怪我なんかじゃない

止血帯の繭だ

息を糸の様に細くして
傷の後ろに隠れて

気が済んだら

出来るだけ多くの症状を集めて

海中にばらまいて

幸せに泡立つ


そうだ
そうあろう
スポンサーサイト

2011-02-20(Sun)

いろいろ

■人を好きになったりせず、心に細波をたてず静かに絵を描いてるだけの人生にする予定だったのになー

■人を好きになったりするのは身体に悪いから止めた方がいいよ

■丸まったダンゴ虫の中に入りたい
ダンゴ虫が丸まる時に巻き込まれたいのです

■本当の道化は化粧なんてせずにただ見窄らしいだけ

■虫を潰したい気分だ
それか虫の様に潰されたい

■節分の豆は
「旨いっ幾らでも食べれるっ」
て思うけど、それはやはりたまに食べるからなんだって食べていく内に気づくんだ毎年

■僕はツィータでつぶやいていない期間の方がフォローされていくんだ

■ここ暫く大きな絵は描いていないから玄関を寝床として使っていないよ

■「ねむたい」と「ムエタイ」は字面が似てるけど内容が真逆と言っていいと思う

■どうでもいいことを言っても罪悪感はないよ

■雪印のコーヒー牛乳は味わって飲むと甘すぎるから味わうと飲めなくなるんだ

■何もないところでつまずいたからその勢いで走り出してごまかしたんだけど、コケそうになったことより目的のないダッシュをしだしたことの方が恥ずかしい事に気づいちゃったんだ
瞬間的な思考って浅はかだよね

■小さい頃、鎖骨の上の窪みが深くてそこで金魚を飼っている人がいたらいいなと思ってたんだ

■「ウイルス」を「ヴィールス」って発音すると少し怖さが増すよね
プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。