--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-04-27(Wed)

色々

■思考がぶつ切りなのではないかと疑ってしまう人、所謂「気まぐれな人」の正体は 多分、思考には連続性が在るんだけど自己完結するタイプだから説明的な言動が間引かれていて 表出する言動だけを取り上げると思考がぶつ切りに見えるのではないかなと思った

■制作衝動は快楽と乖離していて、無意識下の義務感(使命感)と結び付いており、それに急き立てるられたモノだったりする そして快楽はその制作の過程で獲得できて快楽の延命措置として行為に崇高性を模索したりそれ自体の神聖化による陶酔が在る

■「がんばって」って自分に裏声で言う

■別に他国の言葉が出て来ている訳でもないのに「日本語が出てこない」病

■その子は部屋の天井に星型の蓄光シールを貼り、自意識の塊の思春期になると格好悪い気がして剥がしました でも大人になって思い出す幼い頃の記憶の暗闇に星型シールはぼーっと光って浮かび上がっていました

■巫女煮込み

■味噌見込み

■リア充なく老いさらばえるのみ我が身体は

■「偉そうに中身のないことを言う」と言う暴挙にでてみたい

■自己実現は恋愛ではなく制作でのみ可能なのだと言い聞かせて落ち着かせる 自分を

■「引きこもり」も「山篭もり」のイントネーションで言うと修行みたいだよ

■エスキース生産大国であり ノート、鉛筆消費大国でもある 我が右手よ

■小さな虫は無害でも蚊みたいなそぶりを見せると潰される

■ファミコンとかはドットの塊がどんなものであるか想像力で補完しなければならなかったからイメージの解釈幅が広く、故に想像力によるイメージの格差があったのかも知れない 今のゲームは余程起こらないと思う

■誰かに誉められたいよね

■敵に止めを刺して安堵するシンゾウに対し、語尾の「ござる」も忘れて「まだだっ」と言い放つと同時に倒れている敵へ容赦なく手裏剣で追い撃ちをかけるハットリくんを私は見たい

■エイリアン4とAVP2でビックチャップ(エイリアンの成体)が泳ぐのだけど地上より泳いで来る方が怖い 地上ではエイリアン3のドッグバスター(ドッグエイリアン、犬のエイリアン、完全版では牛)が圧倒的怖さ エイリアンの話しがしたいけどする人がいないのでつぶやいて溜飲を下げている訳です

■一人でいる時たまに変な声を出す

■この前イベントで、興味本位で手に蝋燭を垂らして頂き興味本位で縛ってもらい(正式名わからないけど亀甲的な)体にマジックで「私を殴ってくださ」他を書いて頂きました そして数名の女性に「気持ち悪い」と言われましたが、帰って何事もなかったように制作をした自分の中に作家性を見ました
スポンサーサイト

2011-04-04(Mon)

色々

■「ヴァンガード」って映画の凄い処はジャケットにでかでかと載っているスタイリッシュな二刀流の男が本編に出てこないとこなんだ

後、「ゾンビVSスナイパー」と言う映画もスナイパーが出てこないし
ある雑誌のゾンビ映画のランク付けで
「ゾンビ映画が大好きな人でも見るのが苦痛」と言うDランクを付けられてたよ

その「ゾンビVSスナイパー」の最大の見せ場は、主人公がゾンビに後ろから飛び付かれたあと後方の壁までゾンビを押し込んで肘打ちをして倒すのだけど
押し込む時のゾンビが自ら後に進んでいると言う協力的な態度だよ

■花粉を目視して避ける訓練を受けた特殊工作員みたいな感じのものになりたい

■鼻水がインフィニティッド この量はどこから来るのか精製量が凄いのか貯蔵量が凄いのか こんなに水分消耗して もしここが砂漠だったら命取りだぞ

■サラサラの鼻水
子供の肌にも安心

■叔父さんのお見舞いに行ったら。
叔母さんが「剛はおじいさん(母の父)に似てきた」と言ったら、
母に「お父さんの若い頃はこんなんじゃなかったよ、もっといい顔だった」と言われた。
不出来な顔で産まれてスイマセン母よ

■「何で鯨は捕っちゃいけないか」の理由にグリンピースやシーシェパードが「潮を吹くから」って答えたら一瞬納得するよ

■長男のように舞い 八男のように刺す

■「よしっ忘れ物は…(確認中)ないなっ」と心の中でつぶやいてイベント会場を後にしたのだけどセーターと手袋を忘れてきた

■イベントでヌンチャク持つ度に似合うと言われた
何で妖怪イベントにヌンチャク在るのかわからないけど

■僕の触手フェチは幼い頃に見た「メタルダー」に出てくる「帝王ゴッドネロス」に起因する

■フェティシズムは細部に生まれる

■今の高須クリニックのCMは童貞の妄想みたいで好きだな

■自転車後輪のブレーキ音が金切り声
プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。