--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-08-27(Sat)

色々

■好意を寄せた異性に恋愛対象として評価されないならば、せめて作家としての評価は誰よりも得たい。もしその異性に想う人があり作家だったとして、恋愛感情は押し並べて様々な評価の贔屓に繋がるけれども、それを越えて作家としてはあの人が一番評価できると、未練がましいがそうなりたい。

■文章の表現力と読解力の話しは二人間だと水掛け論になるよな

■「君は怠けたいから立ち直ろうとしていないのだよ」と、自分にとって影響力が有る人に言って貰えたら、立ち直れてない事からからきている倦怠感だったとしても言葉の偽薬効果で拭い去れそうだ

■目標を大きくし過ぎてその圧迫感で立ちすくんでしまうより、小分けした目標を少しずつクリアしていく方が早く済むのはわかっていつつ全体像を見てしまう。

■制作は用心深くならず丁寧に行きたい。

■「モヤッ」って言うのは負の方向にだけ作用しているものだけじゃないと思う、「モヤッ」っと良いモノもあって それが好きだけど、多数に支持されなければならないモノの中にその存在は少ない

■「死ぬ時は一人」と言う言葉は何でか僕を楽にしてくれる言葉なんだ

■僕みたいな雑魚が出し惜しみをしては何にもならない

■一人遊びが転じて創作するようになったケースの方が多いような気がする。だから創作する人は根暗な(自分も含め)人が多い

■「おしゃれ」なモノは日常には煩わしい 一つそれにすると全体をそれにしないとバランス悪いので気疲れしそうだ。日常はダサいくらいが丁度良い、だから非日常のおしゃれさに有り難みがあるのだし。そして自分の生産するモノは「おしゃれさ」と言う、息が短いと言うか脚が速い尺度で推し量られる領域から距離を置きたい。心配しなくても僕や僕が生産するものをおしゃれと言う尺度で量る人いないけど。
おしゃれは自分の所ではなく余所様に有るのがいい。
ダサさは統一性のなさも包容してくれる。
一見ダサいがおしゃれな空間は統一性のなさで統一されている気がする、そしてそれは自覚的だ。「ダサさ」と言うモノは無自覚でなければならない ダサくしようと自覚的にダサいのは少なくとも「飾らない」と言うおしゃれな方向を向いている オシャレにしようとして結果「ダサい」のが真のダサさである。

■何故わざわざ落ち込む様なモノ(去年付き合っていた娘(「付き合っていた」と言っても「付き合うと言うのは「約束」でしょ、約束なんてしなくても成り立って続く関係がいい」と言はぐらかされ、正確には付き合っていなかったが)のツイート)を見にいく様な事をするか 過去の恋愛の事を思いだして強い動悸が起こることが結構ある。酷いことされたと言う意識は身勝手なのだろうか。
スポンサーサイト

2011-08-13(Sat)

色々

■突然人がいなくなった世界を見たい 全く知らない人物のプライバシーで在るべき処を探索してみたい そう言う「盗み見」みたいな嫌ったらしいモノはやはり惹かれる

■希望の捏造

■死にたいと言う人に対し「生きたくても生きられなかった人がいるのに不謹慎」と言うのは「生きたくても生きられなかった人の死」を、対話しようとしない事、もしくは知ろうとしない事の理由として便利に用いて侮辱している

■女性器の資料探して海外アダルトサイト見てるけど「クパァ」のは探してないからクパァしないでほしい

■未来に対する不安と過去から来る辛さは一時にくらべるとかなり減ったが適度なストレスと呼ぶにはまだ多いので、欲を言うと後ちょっと減ってくれると嬉しい

■それが恰も通念であるかの様な顔をして個人の感覚で批評をする人がいるけれど、正当な評価軸はそのジャンルの歴史が培った文脈の中にしかない。感覚の中には確固とした評価軸など存在せず趣味があるだけだから好きか嫌いかを過不足なく言えばいい…と思いいつつ良い評価を貰った場合だと上記の様なことは頭を過ぎらないから僕の都合なのかな。

■知人友人の中に鳩が怖いと言う女性が何人かいるけど 鳩は日常の中にいる鳥の中で人との物理的な距離が断トツに近いと思う だから怖いと言う気持ちが少し解る

■「もちモチバナナクルーラー」と言うモノを、僕の大好きな「モチモチ」(な触感)に飛び付いて購入したけど、「モチモチ」より大きく表示されている「バナナ」(味)が目に入っていなかった。「バナナ」は好きではないのに。食べた結果は+(モチモチ)が-(バナナ)に勝っていたからよかったけど。

■作家としての自分をかろうじて唯一の寄る辺としているけど売り込みに行って評価を貰えずに僕には何もないという事実を突き付けられてしまいそうな気がして凄く恐ろしい

■作家性を水増しする訳ではないけど「あの年の夏はあれを制作したな」のようなことで過去が構成されていると何かいいな

■大判を凄く丁寧に描き、仕上げ切る力を持っていることを自分に知らしめたい

■捕まるんだったらリア充を爆発して捕まりたいな 一矢報いたい

■「置いてきぼり」の「ぼり」って何?「置いて、木彫り」ではないだろうし
プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。