--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-28(Wed)

色々

■芸術が存在するのは何故か?を考える時に芸術だけを他の娯楽と切り離して考えることには違和感がある。芸術は役に立たたない、役に立たたないけど在り続けているモノは芸術に限らずいくらでもある。で、そう言うモノは何故あるか?や芸術の特性を語るならわかる。

■花粉にとって授粉はリア充。そして人間の鼻粘膜につかまりリア充を逃した非リア充花粉のルサンチマンが花粉症の症状を引き起こす。

■自分ルールを「常識」だとか「当たり前」だと思うのは同調圧力や共通了解に到るものの初期作用だよなー。本能的なものだと思う。その初期作用が強くてその勢いだけで人を押さえ付けようとする人は支配欲に支配されていると言えるよなー。

■「頼むっ、一回、一回でいいからにゃんにゃんさせてくれっ」って言えば下衆な主張にも少しは可愛げがでるのでは。

■経営者は美談が好き。美談が成り立つと従業員が心理的報酬で働いていてくれる。道徳心を人質に取れば無茶してくれる。経営者の提示する道徳を疑わないことも無茶し過ぎて心身を壊したりしてしまう一因である気がする。
その美談は誰が何のために流布したのか動機を疑う必要はある。

■日頃そのことについて深く考えていないモノに対しての瞬発的な思考が瞬間的に知覚できる部分(概して表層部)に対する反射になってしまうのは仕方ないけど、その「反射」をそのまま表明しただけで後はほったらかしにしておいて解ったような顔をしている無責任な人にはなりたくないなー。

■何事に中途半端な状態は在る訳で、中途半端な状態がいけないのではなく、自分が中途半端な状態だと言う自覚がなく、それで何かに結論付けちゃうことがよろしくないのだと思う。

■「考える力が大切だ」って言っても限られた知識の視野で考えて行っても、偏りが強くなって行くか、抽象的で何にでも当て嵌まって「結局、何も言ってないのと同じ様な答」しか出せなくなる。
手持ちの知識の不足を棚上げして「精一杯自分で考えてやってる」みたいな表明はしたくないなー。

■何かの根拠に上げる比較対象が本当に自分の思っているものと寸分違わぬものかを疑うことは必要だよなー。ただ自分のイメージと比較しても何の根拠にもならない。
自分を疑う構造を持たないモノが公平や中立な立場である訳がない。

だから、「総ての女子はフラれた後『なーに暗い顔してんの? 可愛くないぞっ 笑って そうそう その方が可愛いよっ きっといいことあるから』と鏡に向かって言えば次の日には綺麗さっぱりと吹っ切れているから楽だよなー」と言う考えを改める。
スポンサーサイト

2012-03-13(Tue)

色々

■無理、「ハンバーグに付き纏う『子供っぽさ』をなくす」ぐらい無理。

■ハンバーグは童心に戻って食べるべき。
ハンバーグはどんなブランド肉を使おうと何処まで行っても子供っぽさからは距離を置けない。
ハンバーグと子供っぽさは並走しているのだ。
何処でどんなに気取っても、大人+ハンバーグは「いい大人がハンバーグを食べてる」になる。
だからハンバーグは童心に戻って食べるべきなのだ。

■5、6才の頃コオロギの後ろ脚を引き抜いて跳躍できないようにしていた 。もうちょっと大きくなると蝿の羽根を引きちぎり飛べないようにしていた。不自由にしてきた虫達の怨念により今の僕は恋愛で不自由な思いをしている。Aさん「磯貝さんは何で彼女いないのですか?」僕「虫のせい」

■小さな頃に虫達で残酷な遊びをしてきて解ったことは「『ハサミムシ』は泳ぎが得意(陸上ですごす虫のなかでは)」と言うこと。

■「美味しいっ!おでんのつゆくらい美味しいっ!」と言う清涼飲料水に対する評価。

■ある作品のある要素に惹かれ、憧れ、試行錯誤し訓練したら同じ方向性の評価が自分の作品でも得れたのならば、それは「同じ演出ができた」ということじゃないか。そう言うモノを「魂」などと形容されると違うのではないのかと思ってしまう。

■「俺(私)は『ナチュラル・ボーン・アーティスト』です。」みたいな表明はどうでもいい。

■夢に肌が真っ青で少しゾンビの様な小雪が出て来て「私はダーク小雪、〇〇(何故か知り合いの作家)と結ばれて幸せになった小雪に嫉妬している」と‥。彼女と戦うことになり、彼女が「私は醜い」と言ってるのに対して僕が「醜くなんかないっ」と返しながら戦うのだけど、ハイセンス過ぎるだろこの夢。
まず「ダーク小雪」ってなんだ。

■mixi過疎化してきていい感じのSNSになったなー。

■ロックマンが花火の様に散るのはライト博士が「粋」だから。

■「仕方ない」が手に入らないのは仕方ない、全ての欲求に対して「仕方ない」が欲しい。完全に納得できる「折り合い」を夢見ている。

■女性はちんちん勃たせている男は信用できないと思っているかもしれないけど、セックス抜きで好きな女の子でも手を繋ぐだけで勃起してしまうのが男なんだ(考えている事と関係なく反応してしまう)だから股間は切り離して考えて欲しい。

■自分を疑う構造を持たないモノが公平や中立な立場である訳がない。

■それが経験則による偏ったモノと分かっていても反射的に湧く感情の部分は修正が難しいよなー。

■「見下す」と言う行為が対象との関係上での優位性の獲得を目的としているなら、見下したからって向こうが見上げて(尊敬して)くれる訳じゃない(寧ろ逆の結果になる)から、整合性ないよなー。
「見下す」は他者との関係性ではなく、自分の中の序列で対象より自分を上位に位置付ける自己完結的なこと、自己満足かつ盲目的と言えるが、まあ自己完結的なことでバランスを取ることは多々あるよなー。

■今は症状でていないけど、症状がでたら嫌だなと言う不安も含めて花粉症が嫌だ。

■たまたま反りの合わない人間が父親と言うだけでいつまでも思春期に閉じ込められている気分になる。

■ある尺度において比較対象と自分の取り巻く環境条件や個体の性能差を見ずに、ただ自分が上位に位置すると言うだけで人間性の優劣まで考えるからおかしなことになる。
例えば「親を大切にしなさい」と言う言葉からの視点(尺度)で、ある人が自分と比べて親をあまり大切にしていない時に、その状況だけを見て「貴方は親を大切にしていないから人間的に良くない」と結論付けてしまうようなこと。
でも実際はその人の親と自分の親は違う。自分の行為になにか条件(よい環境)があったとは疑わずに他人には「親は親なんだから大切にしろ」と無条件のモノを求める。

■「反論をする」と「礼儀を欠く」を混同している人や、「批判をする」と「思いやりがない」を混同している人とは不毛な話しかできないよなー。礼儀や思いやりの欠如があったとしたら、それは反論や批判すること自体にではなく、その周辺に付随することだと思う。
例えば、批判と同時に馬鹿にしたり、批判の対象部分とは関係ないことにまで口出ししたり。

2012-03-02(Fri)

いろいろ

■「これでいい」と思った部分では入力と出力の関係が希薄になるよなー。出力するモノが定型になる訳だから、入力によって出力の形が変わらないし、出力の形が変わらないから出力の結果による入力も変化がない。出力による外部からの反応も影響ないのだし‥。

■頭に浮かんだアイデアを不意に忘れてしまった時に起こる「逃がした魚は大きい感」は、どんな不出来なアイデアに対してであろうともいつも平等に訪れる。自分の中の「純粋な平等性」を見れる稀な機会。

■歯磨きって寝る前にするモノなのに何で歯磨き粉は目が覚めるような味をしているのだろう?朝起きた時だけするモノならば合点がいくのだが。後、食後の歯磨き。歯磨き粉には味がある。乱暴だが、味があるモノを口の中にいれると言うことで食後の歯磨きを食事と地続きのモノと考えた時、食後の歯磨きによって全ての食事の最後を締める味がミント味になってしまうと言うことが気に食わない。

■「おっぱい見せてくれないなら死ぬっ」と言う発言の自由さ。

■グラデーション的認識が不得意だから、意識しないとすぐそこが抜け落ちる。

■制作しながら音楽を聴くって人はいると思うけど、他に制作しながらできる(したい)ことないかなーって考えたら「制作しながら女の子の匂いをかぐ」ってのを思いついた。思いついただけ。

■最近、「なんかさっきから気持ち悪いなー」って感じて「何だろこれ?」って考えて「あ、これ眠気だっ」とか「腹減ってるんだこれ」みたいに、眠い状態や空腹の状態を一々考えないと自覚できないことがよくある。

■辛いモノが結構好きなのに、辛いモノを食べるとお腹が痛くなる体質になってしまったから食べれなって少し辛い←「からい」だったらシュール。

■みんなが相田みつをみたいなことを言う。相田みつをみたいなことを言わないと迫害をうける。(僕の考えたユートピア)

■感情的になっている人の発言が感情論だとは限らないよな。冷静だけど(落ち着いてても)、話しを聞いてると内容は感情論だって時もあるし。話しの内容と感情の状態の関係性はあるだろうけど、「=」ではないのに、冷静な人は感情的な発言をしていないと言う錯覚はある。

■「違和感→言語化→問題の抽出→仮説化→根拠の獲得→確説化」と言う手順だとして、低思考力のため言語化すらままならず違和感に終始する。

■自分自身を(徹底的に)疑うことをしない人間が、反証不可能な理屈を唱えても、都合的な解釈の論拠だらけで組んだ論理になるだけでそんなの主張しても「俺の言うこときけ」みたいなこと言ってるのと同じ。

■目標に対してのやるべきるべきことを明確にする作業をすると、最初に思い描いた自分のやりたいことから少しずつズレていって、最初に思い描いたやりたいことだけすると言うのはできなくなってしまうが、やりたいと思っていたことじゃない部分もやりだすと楽しかったりする。
プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。