--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-03-29(Tue)

いろいろ

■多くの人は、他人を意図的なミスリードに誘うときに詭弁を用いることより、自分が何かを受け入れる(自分を納得させる)ときの方で無意識に使っていて、何かの機会に自分の納得した理屈を展開して他人に説くときに自分のためだった詭弁が必然的に発露してしまうことの方が多い気がする。

■人は意識(「私」)の重要さを高く見積もるようにできてるんだろうな。
身体や主観体験は「私」だけの住み処と思い込むように。
「私達が主体だと思っている『意識』そのものが、別の主体から既に客体視されたモノである。」
その「主体」は意識のようには内観が不可能なものだと思う。
意識が「私」の全体と思うことは、自分の視界から見える手足や腹だけを自分の全体と思い込むようなことだと思う。

■自分に関わる何かを選択するときにわざわざバカな選択をする人はいない。「バカな選択をした(する)」と言うときは既にその選択によって何か結果が出た後や、自分は何も得することがないけれど正義感でなすことの例えとして使う。
言い換えると、人は常に自分なりの「賢い選択」をしていることになる。
自分をバカと認めることの困難さはそこから来ていて、自分をバカと認めるときにさえ「こんなにも知らない、わからないことがあるのに自分がバカだと思わないのはバカだ」と、この状況で(知らないことわからないことが膨大にあることを知ったとき)自分をバカと思わないともっとバカになってしまうからバカと認めているのだから結局「賢い選択」から逃れられていない。人はこの賢さ(人のバカさ原因?)からは逃れられない気がしている。

■「頭がいい/バカ」でも、「正しい/間違ってる」でも、「アート/アートじゃない」でも、なんでも、何かを判別するときそれを可能にする枠組みが意識上にしろ無意識のなかにしろある筈なのに、それは外部にあってまるで内省の及ばないもと考えてる人もいる。
何かを判別しているとき常にそれを可能にしている枠組みを問えることを忘れている人がいる。

■「どんな理由があろがやってはいけない事だ」と言うのが、それが起こった背景のことを考えない方便として機能してしまい、その背景を放置する温床になってることはある気がする。
案の定再発しても、まるでどんな理由があろがやってはいけない事があることと、それが起こった背景を改善することが両立しないかの様に同じように済ます。

■作品を鑑賞するとき概して手持ちのリテラリシーに沿った認知バイアスがかかる。
時間が経ってから作品を目の前にしていたときにはリテラリシーによってふるい落とされていた部分がふと浮かび上がってきて何か言いたげにしていることがある。
だけどその言いたげなことは言葉として聞き取れずに見守るしかない。

■「ある説を支持するのは、その説が自分の気に入らないものを貶めてくれているから」と言うのは無意識にやってしまってると思う、気に入らないと言う感情をもっともらしく肯定できる説を探すこと。
「何でも疑ってかかる」と言うと、「それ嘘でしょ」等を口にして人を不快にさせるようなイメージを喚起する人が多いかも知れないけれど、上の様な無意識に対抗するには、結論を急がず何でも一回保留にする態度が大切だと思う。

■「男女間の友情はない」と言う人の言い分で少しでも恋愛感情やエロ目線があったらアウトみたいなルール設定している人がいるけれど、それで言うと同性の親友に「こいつが異性だったら付き合いたかった」み
たいのが少しでもよぎったら同性間の友情もアウトになるので、僕は男性とも女性とも友情が成立してないことになる。
異性の友人に少し恋愛感情やエロ目線があっても、大切な友達だから軽率なことはしないでおこうと思うのは友情に勘定されないのか。(大切な人じゃなくても軽率なことはダメなのはわかるけど)
友情か恋愛か、と言う逡巡が可能な時点で友情が成立してると言える。
少しの恋愛感情やエロ目線も友情と両立しないと言う考えは何処から来てるのだろうか。男女間の友情が成立すると困る人でもいるのだろうか。

■自分の認識する物事は何のバイアスのかかっていないニュートラルなものと思いがちだけれど、事実は偏見に添って認識される。
なので、事実に直面すれば偏見が払拭されると言うのはフィクションで、余程気を付けないと、むしろ事実は偏見を強化する。
「誤解する人はどこまでいっても誤解する」のは、「事実は偏見に添って認識される」の典型的な例なんじゃないか。
自分が忌避するものの性質と地続きのものが自分のなかにあることを認めたくないと言う感情が自分の性質を把握する確かさを鈍らせている一つで、例えば、「偏見は悪いことだ」と言う標語が「自分のなかには偏見はない」と言う安易で短絡的な落としどころを用意してしまう。
「〇〇は悪いことだっ」と言ったときに〇〇は「悪いこと」と言う部分から悪意を伴ってなされると言うイメージを想起して、〇〇と悪意がセットと思い込み、更に悪意がない限り〇〇もしてないと言う思い込みもあるのかもしれない。

■「誰も何もわかっちゃいない」的なことで済ませようとしがちになるのは頭の働きが鈍くなっているとき。

■広い知識を得て成長することより狭い経験をして育つことの方が先行してる。
スポンサーサイト
プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。