--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-07-20(Fri)

立方体の闇

暗い部屋は子宮のように、淋しさが心地いいのか
自分を感じる、因子では無くなり、因果から離れられたような錯覚
夜の黒が染み込んでくる、形を闇に溶かし、心も闇に流す     闇の中
意識無く頬伝う水も、その黒を薄めるには、至らない
影だけの部屋、闇の黒に為りたい
痛みも、思い出も全部闇の中に溶かしたい


ネガティブ形態の時しか詩的な物は書きません、だから詩的な物は全部後ろ向いてます
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

VQepobevHmHkeH

BASNcBBMYysqqxnOI

LUVlGhADApJWru

xZrfgxMvjWB

BBtBEkRCnYgXolJT

ap.txt;5;10

IvuIHiYZcRqYmiuzC

ap.txt;5;10

cJZHjjzRVJWfKYR

ap.txt;5;10

JBBmgoKczhXwufOcWM

ap.txt;5;10

qHQyqAvptucshzRD

vSZWOGWlaWv

b,

ZHRkNOTpVcMYDo

a,

BaAOySFxDXd

b,

BMAQTOCLruPdKcTlz

e,

vyeyYmZZmgsTOjX

f,
プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。