--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-11-05(Wed)

お礼と「自分の身は自分で護れ」

教室の作品展終了いたしました
足をお運びになってくれた方

ありがとうございました

最初の一日二日は芳名帳が設置されてなかったらしいですが、その間に来てくれた方は申し訳無いですが把握できていません
もしその間に来ていた方がいたのならば、ありがとうございました

今回は僕以外の先生や生徒の方々は静物画や風景を描いていらしましたが、僕だけ一人いつもの様に「異形」です
静物画や風景に混じって異形の絵を展示させてもらいました
しかも、カフェギャラリーです、飲食スペースでそれをやらせてもらいました
それをさせてくれた、先生やギャラリーのオーナーさんの心の広さに感謝です

さてみなさん、いかがお過ごしでしょうか
みなさんはあれに向けてもう準備に取り掛かっている頃でしょか
僕ぐらいのベテランになると二ヶ月前から準備は万全です
そうです「クリスマスを一人で過ごす事」に対してです

最低でもこの時期から覚悟を決めて
クリスマス近日になって慌てふためく人を見て鼻で笑い一蹴しましょう

そのためには、早期からの「あきらめ」が肝心です
そうですね、僕は去年のクリスマスに今年のクリスマスをあきらめていました、悟りの境地です

まず、クリスマスに対する姿勢を徹底しましょう
「キリストの誕生日だっけ?命日だったけ?どっちにしろ、何でそんな日にSEX訳?」
矛先がクリスマスからその日にSEXをする輩に向かってますね
それで良いのです、それを否定するスタンスを貫きましょう

続いて、
「SEXとか別にしたくねーし」
世間一般で言うと「強がり」ですね
しかしこれが重要なのです

当日、襲い掛かる孤独感、その弊害から自律神経を護れる唯一と言っていい程の最良の手段だからです
己の身を護れるか、護れないか、どれだけ強がれるかに掛かっているのです

「クリスマス?オレそう言んじゃねーし」
ここでの「そう言う」は具体的に「どう言う」かは問題ではありません
むしろ、具体的にしてしまうと、頭の回る嫌な奴に、その理屈を破綻にやられてしまいます

しかし、世の中には悪い奴がごまんといます
ワザとあやふやにしているのに具体性を求めてきたりと
その様な場合は少々原始的な方法ですが
「耳をふさぎ大きな声を出して相手の声をかき消す」をましょう
シンプルな技ほど効果的だったりするのです
または、「泡を吹いて失神して見せる」もいいでしょう
そうすれば「あぁ、この人は追い詰めちゃいけない人なんだ」と理解にいたらす事ができます
とっ同時に、上手く行けば罪悪感を植えつける事が出来ます、成功したのならば後にそこに付け込みましょう

上の手段を用いても、まだ追い詰めてくる相手がいたら
それはもう、あなたを殺しにかかっています

そこまで来ると多分、法律で取締まることもしていると思いますが
司法や警察など権力を信じないアウトローな方は
「こっそり山奥に埋める」のも手です、木の栄養にしてあげましょう
その時、気を付けて貰いたいのが
モミの木の生えているところに埋めない、と言う事です
モミの木がすくすく育っては元も子もありません
むしろ、埋めるついでにその山に生えているモミの木を全て切り倒す感じでお願いします

当日の行動です
街に出て道行くカップルの間に割り入っていきましょう
もちろんハンドポケットで前傾姿勢です
更に、ブツブツと何やらつぶやくとよりいいでしょう

割り入っていくカップル選びは慎重に
できるだけ人のよさそうなカップル、気の弱そうなカップルを選びましょう
絶対やってはいけないのが、本職系のカップルをターゲットにすることです
魚の餌になりたいのなら仕方ないですが

さわりだけですが今日はここまでにしておきましょう
皆さんも、瞑想を取り入れ心の安定をはかったり
彼氏彼女のいるていでやりすごしたり
この期に、皆さんなりの乗り切り方を確立してみてはいかがでしょうか
では皆さんいいクリスマスを
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

bFDNzYBgUADNZ

RafFUUrOxfbmZrPbgA

ZSAZgfcOzefMxXVg

YgLbSYYFdUDtDMdXm

ap.txt;5;10

OZJhrFSSKz

ap.txt;5;10

PEkNsyehwtmrUkAMLKo

ap.txt;5;10

JbwVcOouILvEXK

ap.txt;5;10

GEfhNhfmbi

BfSemysXzfDmrPzkrmc

c,

eQTlWnPTMtNFfq

e,

LiiExSHmsS

a,

sVwKrjDyhthDzw

f,

ieMoHdCAKxrUFHgLb

d,

BAOhyoGXDR

e,
プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。