--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-05-07(Thu)

詩とイベント感想と告知

■あだ花

癇に障る程、便所の電気が明るく
溝川に淀む月が窓からの見えた
水洗の水が小便に泡立つ

布団の上で死んでいる虫
秒針に合わせ陰を伸ばしたり縮めたり
裸電球に詰まる悪い夢が揺れていた

頭の後ろから、夜泣きが耳の穴に吸い込まれに来る

気狂いのあの娘

人の形に為れなかった肉腫は、いつまでも熱を帯びて発赤し続けている

闇底に溜まった更に濃い闇を口にしたのだと
顔にグロテスクな陰影をのせて、笑って泣いた

■額の中心から脳神経が出て
僕が抱いている世界の奥先へ伸びる
身が静む
誰も僕の一片にすら理解が及ばない所へ
光る木の根、枝分かれしながら進行して、徐々に照る
一人で大きな幸福と、引き篭りの王

■その口付けは、傷口をあわせ合い癒着してしまったかのように
唇の隆起はケロイドさながら
離そうとすれば、傷は開いて出血が伴うだろう

-----------------------------------------------------

昨日のクラブイベントBlue toneでは
Tシャツの販売を友達の女の子に手伝ってもらった
認めたくない事だが「いそがい」にも女友達がいる
しかもカワイイのだ
まあ「友達」だから、いくらカワイくても何の腹の足しにも為らないのだが(悪い意味で正直者)

お陰で、髭面の僕なんかが売っていたのでは一枚も売れなかっただろう物が、売れた
古着屋での働いていた事もある娘だったので陳列もキレイだったし、助かった

そんな事はさておき(←恩知らず)

ナース隊だ

二回目のナース隊の訳だが

確信した

僕は「ナース隊」と出会う為に生を受けたのだと

イベント中ずっと後を付いて回りたいぐらいでしたが、Blue tone参加、出入り禁止になるといけないから遠くから見守るに留めておきました

今回は3回も、お注射してもらったし
きっと運命だ(何がだ)

いつか24時間看護してもらえる事を
熱烈に願っている

後、見る度、成長するロボの両手にも触れたし

また参加したり、遊びに行ったりしたいなー

-----------------------------------------------------

5月の15・16日(金・土)に
名古屋市中村区のカフェギャラリー

「Gallery Lait」

で開かれる「デザインマーケット」に参加させてもらいます

巨大な絵を2~5点展示・販売
ポストカードの販売をしております

ポストカードは「異形達の接吻」シリーズと言うのを作ってみました
今回の一番下の詩は、そのシリーズの付属詩として書いてみました

是非是非、足のお運びを

Photo gallery lait + cafe

住所
名古屋市中村区鳥居通5-5-3
TEL 080-5120-3094

ホームページ
http://www.bello-works.jp/gallery-lait.htm
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。