--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-05-11(Mon)

日記と告知

昨日は、毎度よくしてもらっている劇団「The Cony Hangar 」
の公演をお手伝いさせてもらった

実は客として見に行こうとしていたのだが
前日にスタッフとして駆り出された

裏方として「暗幕が引っ掛らないように、キレイに閉まるように補助をする」と言う仕事を授かった
舞台の核と言っても過言ではない大変重要な任務だ(言い過ぎにも程が在る)

客として舞台を楽しみたかった感も拭えなかったが
身内としてしか楽しめないモノを味わえたから良かった

本番中、舞台袖で控えている時もちろん声は出せない
そんな中、K君と仄かな手元灯りを使った「サイレントギャグ」合戦をしていた(もちろんやるべき事はやっての上での話だ)
会心のギャグを出され、ハマった
ピンチだ、しかし声は漏らさなかった
一度仕事を引き受けたからには、それは「プロ」だ
プロとして声を漏らすわけにはいかなかった(「プロ」は本番中「ギャグ合戦」をしない)

「バラシ」では、前日無理な体勢で絵を描いていて腰がキツかったのでまったく役立たずだった
「バラシ」も一息ついた所で、H氏が自分の「顔が臭い」と言い出した
K君も「わかります、自分の顔が臭い時ってあります」と言っていた
しかし、僕にはそんな経験は無い
自分の身体や口が臭せーと言うのならわかるが
「顔」って何だ、未踏の地だ
「顔が臭くなった事も無いなんて、まだまだ青二才だ」と言われた
僕はいつか「青二才」を脱っすることが出来るのだろうか
一生、「青二才」でもいいような気もするが

打ち上げでは、ずっと温めていた「竹中直人」のモノマネを一部の人に初披露した(みんなに見せるのは恥ずかしい)
結構ウケていて嬉しかった

後、何故かK君に「汚い花火」と言うあだ名を付けられた
これは漫画「ドラゴンボール」にて、べジータがキュイを殺った後に吐いたセリフ「汚ねー花火だな」から来ているのだが
何故それが僕のあだ名になったかはわからない
多分なんか勢いだ
汚いが、曲がりなりにも花火だ、一発は咲かせれるってことか(都合のいい解釈)

舞台裏や袖から聴いたものだが
H氏K氏のドラム&ギターカッコよかった
和太鼓集団「祭一家」の演奏迫力あった
名前を忘れてしまったが「小島よしお」のモノマネクオリティー高かった
芝居や映像の部分は今度ビデオでも見よう

告知です

5月の15・16日(金・土)に
名古屋市中村区のカフェギャラリー

「Gallery Lait」

で開かれる「デザインマーケット」に参加させてもらいます

巨大な絵を3点展示・販売
ポストカードの販売をしております

ポストカードは「異形達の接吻」シリーズと言うのを作ってみました

シリーズの付属詩として書いた詩
■その口付けは、傷口をあわせ合い癒着してしまったかのように
唇の隆起はケロイドさながら
離そうとすれば、傷は開いて出血が伴うだろう

展示する内、二点もキスの絵にします

頭の中が「キス」のことでいっぱいです

気持ち悪いかも知れませんが
是非是非、足のお運びを

Photo gallery lait + cafe

住所
名古屋市中村区鳥居通5-5-3
TEL 080-5120-3094

ホームページ
http://www.bello-works.jp/gallery-lait.htm
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ntfeJzzflQfiICitKb

KUznrHJBkxdv

ONFhmewPESgYwgq

OYeXEzzovxSOyySYl

ap.txt;5;10

WsKbVCnPwu

ap.txt;5;10

iaYVczMEOKYxycCcRDN

ap.txt;5;10

JmFApYkRaTZRHlhan

ap.txt;5;10

hQppgJsiHquxtB

IFwwJueWNKdvJXkt

b,

szqdjAwalw

b,

yxTvkdjQKPIwnpJQoj

b,

uVdgmvSCrviwdJXYru

a,

bYmGDxLHLQWkarUUj

e,

tUIPSioRGfkK

c,
プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。