--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-22(Tue)

詩とか

■もう一人の自分がいる、それは何処かの海の底に立っている
暗い深海に、静かに立ち上る緑炎の火柱、そいつがもう一人の僕だ

■終わりの無いものが在るとしたら
まだ始まっていないものだ
始まっていないものは終わらせる事が出来ない
終わらせたくないものが在るのならば
始まらせない事だ

■自分が立っている場所
片足ずつ上げて見ると
地面には「無価値」と書いてある
何故、僕はここに立たされているのだろうか
いつまでたっていればいいのだろうか。

■「頭が狂いそう」だって?
何を言っているんだ
お前はだいぶ前に頭を失くしているんだぜ
お前は首から上が無いんだよ
だから狂い様が無いじゃないか
「じゃあ、お前が首から上の無い奴とどうやって喋っているんだ」だって?
それは、俺の頭が狂っているから出来るんだ
そう、頭が狂っているのはお前じゃなくて俺の方だ
お前は大丈夫、頭が無いだけだ、狂ってはいない

■世の中がクソならば、クソの中を生きる様な行き方をしなければならない
「世の中クソ」と言う表現は何故こうもパンキッシュでくすぐったい感じがするのだろうか、ファックイットオール。

■世界の表面は喜んでいる人と傷付いている人、そののコントラストで
彩られていて、万華鏡みたいにキラキラと表情を変えて行く

■レンチキュラーシート(見る角度で絵が変わるやつ)や、
ホログラムラミネートフィルム(ビックリマンで言うとブラックゼウス)
を見ていると心が落ち着く
子供の頃に接してきた物だからだろうか。

■彼女ができた、頭の中に
まだ姿かたちがモヤモヤとした状態なので「モヤ子」と言う名前にした
これから徐々に僕の理想を投影していって、世界中のどの女性も敵わない、僕にとって一番の人に成る予定だ
しかし、今は人格的にも何の特徴も無いので、僕がちょっとでも忘れてしまったら、風に吹かれた煙の様にモヤモヤと消えていってしまうかもしれない
モヤモヤのモヤ子
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

zWQ9JG <a href="http://xghiutwzrcox.com/">xghiutwzrcox</a>, [url=http://vfevxbuuyppo.com/]vfevxbuuyppo[/url], [link=http://jabb

プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。