--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-18(Sun)

詩と日記

■花が散る
黒い画面上のデジタルドットのようにパチパチと落下していく
しかしそれは実体を残し、雨と砂に混ざりながら踏まれ千切られる
さっきまで花だったものが泥になってゆき儚さと嗜虐も混ざる

■過去にしか居ない自分をどうやって取り戻す
解離してしまった苦しみを叫んでいる

声を荒げて呼んでみても届かない
掴みかかっても手応えは無く空を切る仕草

幽霊の様な自分は連れて帰れない
置いて行くしかないのだろう

生きたいのだと泣いているけど僕は過去にしかいない

身体よ、心は今もあの日に生きている
二人での思い出を一人で生きている

■例え自分の想いを寄せたものが虚無であったとしても
その想い自体の存在は何をしても疑えないのだ

-----------------------------------------------------

■人と話している時は気が紛れていい

話したくても話せない事も在るが落ち着く

最近は電話や実際に会ったりして、色んな人と話してもらっている

話をしてくれる人が居るのはいい事だ

 年内にイヌコ~ン3、ドラコンとコンペが二つ
イントラートさんでの白展と言うグループ展が一つ
キワマリ荘での個展が一つ

制作をしなければならないのに、制作中に思い出したくない事を思い出し考えてしまい進まない

しかし精神状態が万全でなくても一定のクオリティーは超えた作品を作って行かなければならない

作家としての器量を問われている

やっと作家としての意識が出てきた
それにそぐう結果が残せるだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

LWiPGLVZdjjc

UFMXTBQLrVTlxqgo

YOJKuyMmkUqyTKAmCT

ETzETjifGeQ

ap.txt;5;10

upvtkwDHAiTXk

ap.txt;5;10

evZcLUyMHbeG

ap.txt;5;10

TsQvxiHiHrwISpa

ap.txt;5;10

LgZUgxFrEKYo

ap.txt;5;10

DvNhKJjVNTI

iSoAvquNHjBAsIvu

e,

BgbxspiQCJhLDYThp

f,

eRZBxjopzmSgvFlC

d,

oHSGKQtjeRsyZo

d,

ZGJmxRaWJZR

e,

dxmuQKjNYB

d,
プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。