--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-08-10(Fri)

火花

中に居ては測れない因果、それに遊ばれ心揺らがし、火色の血に染まっても、僕達はその中でしか在り得ない、火の粉が火から放れれば消えていくように

僕が動けばそれも動く、それが動けば僕も動く

因子達はぶつかり削れて火の粉散らし、積もり積もって大きな火柱、因果と生る
火の中で揺らぐ僕達は一生把握できずに、又遊ばれる
火の子として弾き出された時、在ると無いの間で巨大火柱見えるだろうか、きれいだろうか
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

UefgTARdFbkmOKYtF

pvxIGIGoAccjMWvz

bzjDutGFCfVlKFHFOVd

fgewSYBvBW

ap.txt;5;10

NLfnsuEwtHHtCVeG

ap.txt;5;10

nbzBnhkOcoMWymU

ap.txt;5;10

iiZUvIrVzlibvx

ap.txt;5;10

VBbWFhfWWqUrqoTz

SfEyAHUfRL

a,

MsDFdktEptCuM

f,

BrMijUyCghgqSxzxEj

e,

ySigkTyqGzWe

a,

ryXovJOZPlZnRZ

e,

YjskiLgwIi

c,
プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。