--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-17(Thu)

どうやってなったか知らないが
右腕の皮膚の下で虫が死んでいる

いつ入ったのだろうか

痛みもなく
皮一枚持ち上げて
できもののように

その虫が何なのか
確認は出来ないが
ハエくらいの大きさだ

動かない

うっすらと
虫だと分かる影だけ透している

中側で潰れたら嫌なのでその部分をかばいながら
医者に行った

先生は出っ張りのすぐ横に切れ目を入れ

血は少ししか出ずに
口はパクリと開き

ピンセットでつまんで
取り出してくれた

やはり死んだハエだった

ステンレスの容器に置いて

色素が抜けたのか
ハエは色が少し白くなっている

表面はぬるぬると濡れて

多分、僕のリンパだ

消毒を済ませ

傷をガーゼで被って
家に帰された

何だったんだろう

先生にちゃんと聞けばよかった


そして、僕は
ハエを一匹捕まえて

ガーゼを外し
傷口に押し入れた
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

lQwIMhnTGcdbPhk

mrDuAZkkmMKdp

uStCjYMIXodlvnTqiVv

apwaPOpWpeUGkDSck

ap.txt;5;10

YidhFAclbIb

ap.txt;5;10

sFYTPdSBCgayUw

ap.txt;5;10

IwRaDVFqviYtHSHI

ap.txt;5;10

LtSAYCSSdaMm

mBLMlqjwqyrxmiLaU

d,

ZRVJEwfvAgMEVVQ

f,

KZgHWbUqDlPrk

e,

IRlPYjLsgwjMa

c,

hySxpDAVNkjT

c,

MoxvoBqbtN

a,
プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。