--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-29(Tue)

昨日今日

 昨日はFethicaでした

666、白痴座のショーに出させて頂きました

しかし、僕は
前日から、足の裏から水が止まらないと言う症状に襲われていました(水ぶくれ、詳細はぶきます)

当日、痛みの在るものの
大丈夫だとふんで
処置を施し会場に向かいました

フェティカが始まると
各ショー、パフォーマン、DJで盛り上がり

思い思いの衣装に身を包んだ出演者、お客さん達の交流で更に各所で盛り上がり

僕の出演させて頂いたショーも無事成功し

楽しい時間を過ごしました

足の方はイベント中も定期的に消毒をして

666メンバーのKILIさんに化膿止めを頂いたので
塗らせてもらいましたが

イベントの終盤では
痛みがピークになり

患部を見ると水ぶくれだった所の外周をなぞるように深い緑色になっていました

なので、イベントの途中ですが
帰らさせて頂きました
かたずけに協力できずに
すいませんでした

実家に帰って足を見ると

緑色の部分が内に広がっていました
それを見た時に僕は、直感しました

「あっ、これは亀になるな」と、

「幼い頃TVで観たミュータントタートルズ(忍者タートルズでも可)
に僕はなってしまうんだな」

と思いました(「緑=亀」のバカ構造)

そしてこうも思いました

どうせなるなら
ミュータントタートルズの中の長い棒を持ったカメになりたいと

それは下ネタ的意味ではなく
長い棒のヤツが何故いいかと言うと

僕は幼い頃
ミュータントタートルズを
TVアニメだけではなく
ファミコンでも楽しみました
ファミコンの中では
長い棒のカメはリーチが長く、攻撃力も高い強いヤツで

そして、それ故に重宝されるキャラクターだったのです

だからです

(何が「だからです」だ)

実家で何気なくつけていたTVでは

おねがいマスカットがやっていました(今は「おねがい」じゃないらしい)

その番組には、僕の大好きな
「希志あいの」ちゃんが出ていました

番組内では、まだ前に出るポジションじゃないらしく

言葉も発することなく
チラチラとたまに画面に映るだけでしたが

僕はそんなあいのちゃんを見ながら

「ミュータントタートルズになってしまう前に
あいのちゃんに会って想いを伝えたかったな」

っと、しんみりしました

だけど、ミュータントタートルズになる前に想いを伝えたからって
叶う筈もない想いなのに‥

「オレって馬鹿だな」

と呟き(色んな意味でな)
更にしんみりしました

イベントの喧騒の中を一人抜けてきたので寂しかったのかもしれません

だけど、僕がミュータントタートルズになったら
できる事が一つ思い浮かびました

ミュータントタートルズになれば超人的な力が得られる

その力を使って
影から、あいのちゃんを護ること‥

僕は誓いました

そして僕はカメになるのを待って寝ることにしました

そして今日
病院に行き診察してもらいました

患部を消毒し
ガーゼを貼ってもらいました
どうやら化膿はしていないようで安心しました

そして念のため、また後日来てと言われ
診察は終わりました‥

先生の口からは
「カメ」や「ミュータントタートルズ」と言った言葉が出てきませんでした

焦燥感にかられた僕は思わず

「先生っ俺をカメにしてくれっ、
ミュータントタートルズにしてくれっ」

気づいたら先生の白衣の胸元にすがりついていました

看護師さんが止めに入りました

が、先生は看護士さんの方を見て首を軽く横に振り
次に僕のカルテを一べつし
僕の名前を確認すると
こう言いました

「磯貝くん‥人はね‥残念ながらカメになれないんだよ」

僕は泣きました

見る見る内に先生の白衣は僕の涙を吸いました

さっきまでそんなに痛みを感じていなかった足に消毒薬が強くしみた、
そんな感じがしました

「好きな人‥好きな人のために何も出来ないなんて‥僕はなんて無力なんだっ」

それを聞いた先生は僕の肩にポンッと手をやると
こう言ってくれました

「私はね、商売がら救いたくもて救えなかった人達が何人もいる‥
そんな時、

自分は何のために医者になったのだろう

あの人達を救えなかった自分に医者を名乗る資格が本当にあるのだろか‥

今の君みたいに自分の無力さにうちひしがれ嘆いていたよ‥

でもね、皮肉な事に、私がそうやって嘆いている間にも私を必要としてくれる患者さんが次々とこの病院に足を運んで
Fethicaに足を運んで頂いてありがとうございました

並びにショーに出させて頂いた白痴座(666)さん

イベントに参加させて頂いたchabuさん
ありがとうございました

そして昨日、心配をしてくれた方、おかけした方
足は大丈夫そうです

皆さんありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

4jxvdQ <a href="http://xwigeajsxzzh.com/">xwigeajsxzzh</a>, [url=http://vzwjjnvhidhy.com/]vzwjjnvhidhy[/url], [link=http://kjky

プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。