--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-07-15(Thu)

色々

■瘡蓋の下には
新しく、きれいな皮膚が出来ていた

僕が何をしていようが
何を思っていようが
傷は治って行く

調子にのって瘡蓋を剥がしていたら
まだ癒えていない部分から血が流れ出た

この血も、少ししたら
意思に関係なく止まる。

■哀しい
と、鳴いた

辛い
と、もう一度鳴いた


その鳥の姿は無い

--------------------------

■頭が疲れたので
休憩していたら

映画が観たくなった

財布を覗くと

50円玉一枚と1円玉数枚が転がっていた

小さい子供が大人を真似たがり持たされたサイフの中身のようだ

旧作100円レンタルセール中なのに
それすら借りられない

しかし、レンタル50円割引の券が入っていたので

旧作なら一枚は借りられる

そしてTSUTAYAに向かった
何を借りるか物色し
めぼしいモノがしぼられてきた

そして、これを借りようと思った一枚は

前から惹かれていたが
ためらっていたものだ

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」

あろうにも、ラブストーリーだ

「これに出ているジュード・ロウは僕にとって当たり俳優なのだ

ハッカビーズにしろガタカにしろ

そして、ラブストーリーにも良い映画はあるっ
差別しちゃ駄目だっ」

と自分に言い訳を聞かせ

アダルトなのを借りる時より数段ドキドキしながらレジの列へならんだ
(アダルト借りないんだけど)

沢山借りる中の一枚ならまだしも

ラブストーリー一枚だけだ

女性の店員は避けたいと願っていたら

男前の店員に

「お待ちのお客様こちらへどうぞ」

と呼ばれた

そして
レジカウンターに会員証とDVDと割引券をだす

店員がレンタルの手続きをはじめる

そしてしばらくすると店員さんは何かに気づく

「申し訳ありませんお客様、こちらの割引券ですが150円以上からのご利用しかできません

レンタル商品を追加しますか?割引券の使用は次回になされますか?」

と聞かれる

あわあわ落ち着かない僕

答を待つ店員

「スイマセンいま手持ちが50円しかないのでいいです」

と、やっと言う

恥ずかし過ぎた

ラブストーリーを単品で借りるのでさえ恥ずかしいのに

その上100円も持ち合わせていないなんて

絶対あの男前の店員に

「ロマンチックだから貧乏なんだ」

って、想われてるよ

(何だそれ)。

■ツイッターで

「そうかみんなに色んな紙をもらって絵を描くと、色んな紙(紙の性質)との出会いがあるのか」

とツイートした刹那

「出会い喫茶情報デアイイ」からフォローされた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。