--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-12-17(Fri)

■偽物の雪

雲間をゆく無人旅客機内

静かに静かに積もる

誰ひとり座らない真っ青なシートの列に

シンシンと

本当の雪より白い偽物の雪になって

君は


■君は小さな歯と
裸を見せてくれた

僕は閉じた目にいつもそれを思い浮かべていた

歯も肌もミルクと同じ色で

そこにはぽつりと白く濡れた黒い虫が浮いて死んでいた

ぽつりぽつりと次々に何匹も中から上がってくる

表面はすぐに埋め尽くされてしまって
君はまだら模様の顔を向け笑う

不安は瞼に寄生していた


■乾電池が水の抵抗を受けながら沈んで行き
厚いプラスチックの底面に当たり音を出した

水中には小さな泡が幾つも見えた

電池は置き時計から外したものだ

どうして水中に泡が発生したのか

僕には知識がないので解らない

全身の骨が折れていく

ナメクジの断面にぐしゃぐしゃと渇かない錆になってかろうじて活きていた

けれど爪を引っ掛けられ剥がされてしまった

害心に抱きしめられると
潰された水疱は水を吐く

それは大事なものにかかった

拭き取りたかったけど
ふやけて脆くなってしまっていた

病気が治らない
いつまでたっても


■僕の中にある「意味」

どんなに悪しき働きをしても
悪びれもせずそれは認識するモノに付属する

周りに在る物の「意味」を

そこで起こった事の「意味」を

自分自身の中に存る自分の「意味」を

全て無くす

元に帰るだけの話しで、
己がただの幻想であることを「意味」に自覚させるのだ


「意味」よ、 自決せよ


■光りを遮りながら
皺のよった薄い金属板が頭上の格子に当たる衝撃音で目が覚めた

精子が巨大化したアルビノのお玉杓子のような生き物であることを思い出させられた

金属板に塞がれた格子の隙間から射す光から逃げるようにして
僕は底の闇に潜って行って

二度と水面に現れることをしなかった
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

有馬記念

有馬記念 2010を徹底予想!気になる枠順やオッズ情報はもちろん、今年は確実に当てにいきます

モテる度チェッカー

もう年末でお酒の席も増えてると思いますが、こんな時こそ自分のモテ度をさり気無くチェック出来るのが、モテる度チェッカーです。診断結果にはモテる為のアドバイス付き!!これで君もヤリチンの仲間入り

家出

この時期地方家出娘達がわんさか。まだ何もしらない純真無垢な地方家出娘達があなたの住んでるすぐ近くにいます!今すぐ掲示板にアクセスしてあげて
プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。