--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-05-24(Thu)

いろいろ

■子供が好き勝手に描いた絵を、子供は想像力が豊かだから自由に描けると言う人がいるけど、おれは無秩序だから自由に描けるのだと思う。

■自分にとっては役に立っていない、立たなかった(立ったと感じなかった)と言う個人の経験を一般化して「社会の役に立っていない」更に「だからなくせ」は、いま自分にとって役に立たないものが明日にはお世話になる(役に立つ)ものになっていることだってある訳だからブーメランになる。

■勉強す(調べ)れば解ることをあれこれ個人が考えるのは有意義とは呼べないだろうけど(勉強してからあれこれ考えることの方が有意義と言う意味で)楽しい(面倒臭い「勉強」の部分をスッ飛ばすこともあって)。楽しいから、ネットには、「勉強せずに自分で考えたこと」(めちゃくちゃなこと[自分も含め])が氾濫しているのだろうな‥。

■「無条件のモノが本当の愛だ」のような言説がわからない。
「親から子への愛は無条件だ」も錯覚だと思う。
この「無条件」は「動機がない」と言うことではないだろう、動機のない行動なんて「反射」みたいなものだけだろうし。
例え「そう、本物の愛は『反射』みたいなものだ」と言ってみたところでそれは比喩でしかない。
動機のない持続的な行動って有り得るのか?
ここでの無条件は「見返りを求めない」ことなのだろうと予想するけれど、他者に見返りを求めないことは動機がないと言う訳ではなくて、見返り(動機)が内在化した状態だろう。
例えば、「一途な自分の自己実現(行動の神聖化、神聖さの獲得)」。
動機(見返り)が内在化していて見返りを求めていることが見えにくいだけで、これらがさも「害がない」と言っているように聞こえるのだけれど、そうならば何故そう言い切れるのだろう?
害がないと言い切れる行動があるだろうか、そう設定することで安心したいだけではないだろうか。
それに、例に出したもので言うと、神聖さを欲求することをさもしいと思う考えは何故ないのか?

■「私の『見返りを求めない愛』には害がないから貴方のモノより上位で、貴方の『見返りを求める愛』には害があるから私のモノより下位である。」と言うような主張に接した時には自尊心が保てず暫く自分を蔑み続けた。

■どちらかと言うと恋愛体質なので恋愛感情を抑制するのが実は地味に辛いけれど、かと言って抑制せずに行動して上手くいかなかった時にメンタルを崩して何も手につかなくなる事を考えると不本意ながら地味な辛さを選択してしまう。

■「痛み」に対して上位意識を持ってしまっている人が存在するように思う。
痛みに敏感であるならば自分と同じ落とし処になる筈だと言いたげな人。

痛みに対して常に被害者の立場をとっていて被害者意識が強いから加害者の立場になることを想定し難い。
また、「想像力を持たない者による排外」の被害者の立場も取っているが、実際は自分も想像力が無く自分と同じ種類や近い痛み、もしくは痛みの表出の様相の類似性の高いもの以外に対しては排他的で、そのことに無自覚。
被害者と言う立場を取っている分、自分を疑うことが困難に見える。

他人の痛みにも敏感だと言う立場を取っている、もしくはそう思わせぶりだけど、自分の受けた痛みに囚われ過ぎていて、享受する「他者の痛み」の種類が特定もしくは限定的。
「僕(私)は他人の痛みにも敏感」、もしくは間接的な表現でその様な主張をするのはどんな時なのだろう。他人の痛みになんか皆が鈍感ではないのか‥だから可能な限り中立な立ち位置を獲得するための知識(バイアスはある程度、知識で外せると思う)や想像力の材料となる知識が必要なのではないか、と僕は思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。