--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-09-24(Mon)

色々

■『リキテンシュタイン・呂井」と言う、ほんとどうにもしようのな
いモノが思い浮かんだけど、どうしょうもないモノほど頭から離れない。

■ー番手にしてる時間の長い画材だけど、筆とかと違つて鉛筆は消耗するのが早い。
昔は、短くなってしまったからと言って捨ててしまうのは薄情な気がして取っておいたけど、短い鉛筆が溢れかえってきたので、ある時捨ててしまった。
潰針供養の鉛蔭版みたいなのが在ればよいけど、針ってのも寿命が長
いからああ言う受け皿が成り立つのか。
寿命の短い鉛筆(への思い入れ)はどこへ行けぱよいのか。

■昭和生まれはぺったんこに潰れているものを煎餅に例える。

■紙やプラスチックの使い捨てのコップの縁やストローを噛んでしまうのだけど、ガリガリ君コーンポタージュ味を食ぺた後のアイスの棒も漏れなく噛んでいて、アイスの棒のささくれの独立したやつが気持ちよくなかったのたで(ならば噛むな)はき出したらガリポ夕の粒の残渾だった。

■何を食ぺるか決められずに3時間くらい悩んでいる。
いっそこのまま優柔不断を超越した何かになろうと思い始めた。

■「『喋る』を強化、補助する外部装置」を内部化しようとした結果、「喋る」のに必要な器官の一部を不能にしてしまい喋れないという状態が、「マイクを口の中に入れて喋ろうとする」である。

■「ドリュー・バリモア」は名が刃牙の擬音で姓がJoJoの擬音みたいだな。

■努力主義の中で「努力をすることが大切で、精一杯努力してもできなかったら仕方がない」と言う過程主義的な立場をとっておきながら、その「精一杯の努力」の「努力」と言う数値化できない測定困難なモノをどうやって測るかというと、「努力しているらば〇〇はできている筈だ」と言う結果主義な認識方を用いている。
つまり、努力主義=過程主義と言う体面を使って何かしたかった人。

■あらゆる物語りの中で「理解されず苦しんでいる」ことを象徴するようなエピソードが好きだけど。
わかってもらえないから「わかってもらえず苦しんでいる人の話し」をストックしていて、それに対してわかると言う気持ちが在ることで、わかってもらえることが完全に否定されない、と言うのがあるかも知れない。

■「笑う」と言うのは、承認の一つの様相として「どうしようもなく表出してしまったもの」なので、例えば言葉で「凄い」と言われること対してはいくらでも疑えれるけれど、これはそうではない。だから「笑わせ(ようとす)る」ことに身を寄せる場面は多いのだと思う。

■鼻糞ってたまに、においがするときあるよね

■秩序勃つ(無秩序)

■最近なぜかやたらフランク・ステラのあのきっちりした絵に惹かれる。出来の悪い心理分析みたいなこと言うと、秩序立った所に惹かれているのだと思う。「自分」をコントロールできていそうなところが羨ましい。

■「おにゃのこ」は「おんなのこ」の「んな」の部分を「にゃ」と変換している訳だけど 、これを「おとこのこ」に応用しようとすると「とこ」を一音にしなければならないのだが「んな」→「にゃ」の法則だと「とこ」は何になるのだろうか考えていて、とりあえず「とこ」→「か」(息を上顎裏に当てるように発音)になった(仮)


■「おれ可愛いイヌ飼ってないんだけど、よかったらそのこと家に確認しにこない?」と言う、女の子を部屋に誘う時の新しい文句を考えた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。