--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-12-22(Sat)

いろいろ

■価値判断に基づいた発言をつき突き詰めれば全て自分勝手と言えると思う。自分勝手でない発言ができると思い込む方が不遜。そして、事実判断に基づいた発言は「素朴な感覚」からしたら、概して「冷たい」ものだろうし、それ以前に価値か事実かを混同せずにいれるなんてなかなかできない(僕も含め)。

■恋愛の傾向の個人的確信の根拠の経験の統計なんてサンプル数2とかで充分だろ。
しかも一人の趣向で選択してる訳からサンプルは勿論偏るし。
一つの経験が強烈でも、傾向の妥当性とは関係ない。
人間の知覚、認識の限界をよく表してるところだと思う。

■概して人が「自分のことはわかっている」と言う感覚を持つのは、自己同一性と同じなのだと思う、そう感覚するほうが適応的だから(混乱しない)そうなのであると。

■「私が嫌な思いをしたのは私が良くないことをしたからだ」と言う因果的な自罰的思考と「自分の存在が在るから世界が存在している」的な唯心論は親和性高い気がする。そして無罰的な思考と唯物論が親和的なのではないかな。

■「精神状態が不安定になって、それに適応的な思考が習慣化して、後に精神状態が正常に戻っても不安定が長いと適応し過ぎていて、習慣化した思考パターンを変えるより、精神を不安定にする(適応しているものに戻す)方が簡単で、そうなるように自分で仕向けてしまう。」みたいなことはあると思う。
だから、「メンタルを強くする」と言うのは「習慣をかえる」みたいなことなんだろうなと思った。
「習慣をかえる」と言うことは急に変えられないことだとも言える。
だけどその必要に迫られてる人は急を要している。
そして、習慣と環境は密接だから習慣だけを変えるのは難しい。

■モノを知るほど、知らないこと(わからないこと)が顕在化するので、知らないことが増えるし、モノを知らないと、知らないことは潜在したままだから知らないことは少ないままだ。

■気遣いしないことをS、気遣いする人をMと言う風潮が嫌いだ。気遣いできないことは喜ばれないけれどSはちゃんと需要のあるもの。Mは楽しんでるけど、気遣いは楽しくてしてる訳ではない。 それをSとかMに置き換えて 気遣いしないこと、気遣いさせることに免罪符を得ようとするところが何処までもさもしい。

■「憚る」って「つつしむ」と言う意味と「のさばる」と言う背反する様な二つの意味があったから違和感感じていたのか。「〇〇と言ってはばからない」と「憎まれっ子世にはばかる」は前者が「ない」と否定しているのに後者と同じような譲らない感があった。今頃気づいた‥

■「気合いを入れる」と言う表現は「気合い」は自分の外部にあると考えているものと言える。何かを「する」ためのやる気を引き起こす動機が内分ではなく外部にあると、つまり動機が自分のためではなく人様のためだとことを示しているとも言えないだろうか。これに日本人の性質が見えると言うと大袈裟か。

■何度話しかけても「きょうかいにはわるいもんすたーがはいってこないのであんしんだわ」しか喋らなくて、最低限のドットで構成された年齢不詳の異性に惚れたら、二次元を極めていると言えないだろうか。

■「寝耳に水」以外で「寝耳」なんて聞いたことないなー。
「起き耳」はあるのか?
寝てるひとの耳が寝耳なら、寝てるひとの目は寝目か。
「寝目を押し込む」

■波平は「水平リーべ、ぼくのふね」と言いながら、ふねをぐっと抱きよせて優しくキスをしたことがあるはずだ。

■ロックマンに、消えたり現れたりする足場があるけど、アレの実用性ってなんだ?ってロックマンやりながら思っていたよ、小学生の頃。

■「『君がいつも使ってる歯ブラシで歯を磨きたい』よりも『君が使ったフロスで歯間清掃したい』の方がフロスと言う選択的に変態度が上なのだけど、『歯きれいにしときたいだけだろ感』が前面化していて変態度が隠蔽される。」と言う訳わからないことを考えだして「あぁ、おれ眠いんだな」と実感に至る。

■フォーク使って遊んでたらガラス割っちゃってすっごいビックリしてる人の絵のジャケでお馴染み、メタルの名盤スコーピオンズの「Blackout」。

■明日(マヤ歴暦最後の日)もし地球が真っ二つになるとしても、女「ケンくんこわいよー」ケンくん「大丈夫だって、お前は俺が絶対まもるからっ」女「地球がなくなっちゃうのにどうやってまもるのっ、てきとうなこと言わないでよっ、ケンくんのバカっ」ケンくん「…」女「死んじゃった私達もう会えないんだよっ」
ケンくん「そんなことないよ例え死んじゃっても俺達は一緒だよっ」女「ケンくん 」ぎゅぅ。万が一でも「こんなやり取りを横目に」と言う死に方は死んでも死にきれないので、リア充の世界と非リア充の世界の滅亡を別日にしてほしい。
非モテA「やったー俺たちの不毛な『生』が終わるぜー」非モテB「でもやっぱり死ぬのこわいなー」非モテA「こえなー」非モテB「でもリア充横目に死ぬよりいいよなー」非モテ A「だよなー、快適ー」非モテ B「快適ー」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。