--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-03-21(Fri)

いろいろ

■望み通りにならないと予測したことに「負のラベリング」をして自分の気持ちにケリをつける、と言うことあると思う。例えば、「あの女はどうせ中身は空っぽだ」と言うように。

■おびただしい矛盾を抱えつつ、認知的不協和(矛盾)には耐えられない性質だから、矛盾に気付かないように無意識が色々(勝手に)バイアスかけくれている(帰属錯誤等)。
その事を前提に話さ(考え)ないと。
だけど同時に、「意識」は「無意識の氷山の一角」程度らしいから、自分のことを全てを明らかにするのは無理があることも前提にしなければ。

■「書く」ことが「聞くこと」や「読むこと」の延長で、能動(発信)ではなく、受動的であることはある。その時、「伝わること」は副産物と言うことになる。
では「描く」ことも受動性に基づいたものだと言うことがあるんじゃないか、「描く」ことが「表現する」と言う能動に寄るものじゃなくて。そうすると展示等、人目にさらすことは副産物となる。
そう言ってしまうと、「見せる」ことが前提じゃないものなんて「見せられる方はたまったものじゃない」となることはあるかもしれない。そうなると今度は、受け手の「受動/能動」が問われるのかも、「見せられる」と言う受動か「見る(見に行く)」と言うと能動か。
「見せられる(受動性)」とは一体どういう状況なのか。これは何が前提になってるんだろう。
「受け手を問うことが失礼」と考えるのは、やはり受け手を「ステレオの消費者(お客様)」に落とし込んでいると思う。
作家は受け手を十把一絡げに「お客様」(ステレオタイプの消費者的態度)と見ることがあるかもしれないがそれは逆に失礼だと思う。

■「良くないことが起きた」と言う出発を同じにしても、悪いことした人をよってたかって叩いて溜飲を下げることと、この世界から少しでも悲しい事が減るのを願う(考える)ことの間には距離ができてる。

■自分の発言に、その意図の伝達の確実性が担保されているなんて最初から思ってなくて、それを前提にしているから、意図が伝わらなくても大概気にしないけど。それの態度は少数派なのかもしれないなと思うことはある。
国語力と読解力の話は伝達の確実性の本質じゃない気がするし、水掛け論になる。

■「理想なんて役に立たないのに、理想を抱くのは子供っぽい」みたいなの聞くと、理想は役に立たないいんじゃなくて即効性がないだけなんじゃ?と思い、更に、即効性のなさに対しての堪え性のなさの方がよっぽど子供っぽいと思ってしまう。

■あることの、善か悪かと言う判断が曖昧なのに、このあることを容認すると自分達の立場が危うくなる危険性があるから批判してしまうってあると思う。
あることを悪と設定している立場からしたら、その悪を、悪か悪ではないか保留にしている人も悪にしなければ立場が不味くなる時があるのかも。

■他人に幸せを分けてもらえる(人の幸を喜べる)前提条件が「自分のことを不幸だとは思っていない」ことならば、他人の不幸を蜜の味と感じる前提条件は「自分のことを不幸だと思っている」ことだろうか。

■作品が「問い」で、作品に込められた作家の意図が「答え」ではないのは、作品は「表現」(作家の意図)と「表出」(作家自身にも把握不可能なもの)から成っているからで、作家は作品の「負いかねる責
任」を負わなければならないのだとしたら、作家はhttp://t.co/KMGJTuw9cxこの意味で「大人」でなければならないのかも
知れない。

■たまに見かける、非西洋美術作家の西洋美術に対する反発と、同じくたまに見かける、西洋美術の作家の、西洋美術はローカリズムの一つと言う言説に対する反発は同じもののような気がする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。