--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-10-24(Fri)

いろいろ

■世界の明瞭さ(自明性)は思い込みよってに支えられているから、専門的なことを知って思い込みが解かれていくほど世界はカオスになっていく。
専門化と言うのが抽象化ならカオスになっていくのは当たり前なのか。
具象の最大単位が世界だったとしたら、そこから抽象的把握をしていってる。
でも「世界」と言われて思い浮かべるイメージは抽象的だ。
そもそも、人(人に限らすどの動物も)の感覚器官では抽象的認識しかできない。
人は世界と抽象的にしか関われないのかも。

■格言、名言、ことわざ、教訓って、例えば「人間性は顔に表れる」と「人を外見で判断してはいけない」みたいに背反する言葉が残ってるけれど、こう言うのは状況や立場に合わせた都合的な引用ができて「そう言う需要がある」から残ってるんだろうなって思ってしまう時がある。

■西洋美術の文脈でなければ、売れなければ、有名にならなければ意味がない、と言う狭隘な美術観に出合った「絵を描くのが好きで、小さな頃から描いていた人」が、絵を描くのをやめるのを見るのは気持ちよくはないな。
売れるとか有名になると言うもののために、既に手に入れている「絵を描くのが楽しい」と言う幸せを捨ててしまわなくてもいいのにって思ってしまう。

■作者と作品の関係を親子関係になぞらえることにどれ程の妥当性があるか疑問だけれども、作品のコンセプトを考えるのは、親が子にどんな風に育ってほしいか、またタイトルを考えるのは、その想いを込めて名付けることのような楽しさかも知れない。そして、親の想い(作者の意図)を越えて(裏切って)自分の手を離れて行くのは喜び(または悲しみ)なのかも知れない。
そうすると、コンセプトを立てない(少なくとも意識的には)主義の作家は、作品に愛情(手間暇)さえ注げ(かけれ)ばいい子に育ってくれると言う親のスタンスなのかも。
こんな例えは不謹慎かも知れないけれど、作者の意図に作品を閉じ込めようと、過剰にコントロールしようとする(できると思う)のはアビュース(乱用、虐待)なのかも知れない。
また、作品(子供)を自分の存在証明のように扱うこともアビュースの一つとも取れる。
まあ、作品は子供ではないし、作者も親ではないのだから言葉遊びに過ぎないのだけど。

■辛さの表出のし方は多様だろうけど、たぶん僕は直截的なモノしか分からないだろうし、わかっていても気に入らないものは、無意識的であれ意識的であれ許容してないだろう。
同じモノの別の表れだのにだ。
そもそも「いい人/悪い人」が、自分が「気に入る/気に入らない」のメタファーになってるのに、そんなんでどうやって人を救うなんてことができるのか。
「『いい人として振る舞わないといざと言うとき誰も助けてくれないよ』と言う教訓」=「『(私が)気に入らないやつは村八分だ』と言う脅し」だ。
救済の「現場」で活動する人ほど嫌なやつ(気に入らない人)を救うことが困難。
だから現場でないところも大事。
いい人だけが救われる世の中になるなら、人間は理性的であると言う使命に失敗したと言うことになる。

■「正義ならば暴力が許される」と言う教えは、「人は常に自分を正義(正当)化している」と言うことがわかってない。
寧ろその教えが暴力を正当化させている。

■「意識(主体)」は「自己救済の痕跡」と言う側面が大きい気がしている。

■アートは、未知(他者性)を既知に落とし込んで(所有化して)表現したものではなくて、未知(他者性)を未知(他者性)のまま生起させることを出来るのがアートで、「芸術とは何か?」と言う問いは、芸術(作品)の所有化のプロセスだから、その解はアートのアート性を去勢した解になる。
これgenbaken.com/contents/discu…の冒頭の解釈。

■「自分を大切にする」ことが「思慮深くなること」ならば、「好きなように振る舞う(自分の衝動に従う)」事と「自分を大切にする」事は対立することが多いのかも。
違う言い方をすると、「一見『自分を殺す』と言われる様なこと(しかし他人の為に自分を殺すのではないけど)」と、「自分を大切にすること」は両立する、とも言える。

■主体が客体(意味をつけられる以前のもの、意味をつけられる対象)に意味を与えているのならば、「意味」の本質は「後付け」と言えるし、主体が客体のアフォーダンスを受け取っているのなら、意味は主体に先駆けて在ると言える。
主客未分観http://t.co/ocVcMxjbss は難しいから、何となくの把握なんだけれども一番しっくり来る。

■コミュニケーション能力が「配慮」ならば、有償の配慮は配慮ではないので、その言葉は常に片道だけのもの。

■夕日や虹、雪景色と言う自然や宝石や夜景を綺麗だなーと思うのは日常的感覚(または、その延長)で、アートは日常的感覚から逸脱した感覚を楽しむものだから「人がどんなアートをつくっても自然には敵わない」と言う類いの話は(個人的には)ズレてると思う。
「人がどんなアートをつくっても自然には敵わない」には、「アートは何かの『模倣』」と言うアート観の片鱗が伺える。
そして、自然の美しさに立ち向う美術観は、何となくイカロスの話を彷彿させて、それはそれで儚くていいなと思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。