--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-05-19(Tue)

いろいろ

■自分の自分に対するイメージに閉じて、自己を変容させまいとするのは、今までの連続性(積み重ね)をふいにしまいと言う一種の合理性みたいなモノか(実際に「ふい」になるか、とは別に)、自己が行動を選択してくと言うモデルではなくて、イメージに沿わせて行動をモデリングしていく、イメージ経由の自己同一性のようなモノか、いずれにせよそう言った表層的な同一性を保つの(一様な自己の現出)は自縛の類でしかできないのかも。
表面的な同一性を何処かで要求されているのか、またはそう言う錯覚をしているのか。

■何かに対する寛容/不寛容が、全てその人物の度量の様に語られることがあるけれども、実は刷り込まれた価値の多い少ないの話であるのかもしれない。
それと、既存の価値を読み直す術を得る機会の有無。

■いぶかしい言説より、もっともらしい言説の方が、その「もっともらしさ」によって精査されることを棚上げされ続けている可能性がある。
そして、その無精査なもっともらしさを、いぶかしさをふるいにかける時の根拠にしまっている盲目さはある。
つまり、二重にもっともらしさが有利、だから、もっともらしさが大手を振り続ける。

■「経験」は常に「たった一人の『私』」の経験でしかないのに、人がそれに基づいて行動してしまうのは、個人的経験(たった一人の私の偏った経験)に基づいて偏った行動することで、局所的な偏り(狭い世界、縄張りの中?)に適応して生存率を上げている部分もあるのかも。
だけど、今は生きる範囲が大きく広くなって「偏り」が生存(共存)の邪魔(わだかまりの原因)になってるのか、って思った。
しかし、赤ん坊は言葉で知識を得ることはできない。経験的に育つしかない。
服が体毛の機能の外部化であるように、経験は最初(赤ん坊の頃)から外部化(知識化)している訳にはいかない。
どこかの段階で外部化へ移行すると言うのがいいのだけど、その移行を失敗する。
後、経験的な行動を有効なものにするために敢えて世界を狭くする(無自覚に?)と言う方法をとってしまっていることもあると思う。

■「人は自説を証明するために己が不幸になることをいとわない」のような内容のことを内田樹が言ってた気がするけれど、それがほんとなら「自説が証明されればそのことで誰かが不幸になっていても喜ぶ」なんて言うことはざらにあってもおかしくないって話にもなると思う。

■例えば「なんで、冷静になれないの?」と言う問いの前提に「私はできるのに(そうなのに)」と言うものがあったとしたら、それは「なんで、冷静にいられるの?(私はそうなのに)」と言う問いと等価な筈なのに立場が問いそのものの優劣に反映する。
他に立場的な非対称性がそのまま投影されるモノと言えば「コミュニケーション能力」があると思う。
「コミュ力」を、辞書的な意味を積み重ねて、伝達の確実性を担保していく能力と言うモノとしている話はよく聞くけれど、そんなのは真っ赤な嘘だと思う。
立場の強い者の用件は言葉足らずでも、立場の弱い者の「文脈」や「空気」を読み取る能力の問題にされるし、逆に立場の弱い者から立場の強い者への発信はそれが理解されなかったとしても、立場の強い者の「文脈」や「空気」を読む能力の欠如にはならず、弱い立場の「伝える能力のなさ」にされてしまうことは多いと思う。
概して先に生まれている人の方が立場が強い、だから「最近の若者(または、「〇〇世代」)はコミュニケーション能力がない」と言う構図になるんじゃないのかな、と疑ってる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。