--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-10-22(Thu)

いろいろ

■他人の理解できないことを「非常識」と言う単純なモノに落とし込むのは、常識/非常識と言う曖昧な(自分でモデリングできてしまう)ものを持ち出して、他人の解らなさ(他人との違い)を、自分との間にある闇ととらえ、それを見えないようにパーテーションするためなのじゃないかって思えてきた。
だから、常識/非常識をよく口にする人ほどその都度線引きし直しているように見えるのではないか、と。
他人とのどうしょうもない違いをニヒリズムの根拠としてしまうか、世界の豊穣さを見るか、この世の基本が掴み所ないと息苦しく目眩を起こしてしまうのでそこに蓋をするのか、掴み所のないものだからこそ息が詰まらずにいれるのか。

■「男らしさ」の条件に「他人に男らしさを要求しない」と言うのを追加した方がいいと思うし、実際ぼくのなかで、他人に男らしさを要求してるのを見てその人に男らしさポイントが減点されたことはあれども加点されたことはない。
男らしさと言う言葉が好きではないが、強いてイメージを上げると「自分の信条を粛々とに実践している人」で、それを口に出したとたんに(ましてや他人に押し付けたとたんに)「男らしさ」ではなく悪印象の「マッチョ」の方になる。
他人にそれを要求したら、それを享受する方にまわるので、それから遠退くことにると思うのだけど。
そして、男らしい外貌を振る舞ってもいざというときに期待されるものを発揮するかは別の話。
「男らしい」が好きでないのは賛辞する言葉に特定の性を用いるのがバカっぽいから、と言うシンプルなもの。

■「悪人がいくら害悪を及ぼすからといっても、善人の及ぼす害悪に勝る害悪はない」とニーチェが言ったらしいけど、この世の悪いことの大半が善意によって起こってるなら、悪人を滅すると言うモデルの正義だけでは悪いことの大半がなくならなくて、目先の善悪にとらわれず、どんな形だろうと結果として悪いことが起こらないと言うモデルのシステムを築く正義も、両方バランスよく必要だろうけど、正義とは他の正義と相容れないところがあるから、悪人を滅する正義が、滅さない別のモデルを認めずに悪人を滅すると言うものに偏重している気がする。

■好き嫌いの判断を別の判断に横滑りさせているものは氾濫している。
例えば、好きなものを本物といい、気に入らないモノを偽物とする、等。
更に好き嫌いが自分のしてきたこと(選択、その結果)に合わせてモデリングされている場合も多いだろうから回り回って自己肯定していることになる。
人は無意識に負荷を緩和させることを常に実践している。
意識に上がってきたものは自分を救い終えた痕跡(、残滓)と言う側面が強い気がする。

■一つの制作のなかで、ミメーシス(先行するイメージを再現するもの)と、シミュラークル(制作そのものが表現されるものを生成するもの)は、混ざりあっていて分け難いと思う。再現であってもそこに創発的にシミュラークルが生まれるだろうし。
エスキースとタブローを見比べたとき、歓迎された創発と、修正されるべきものと見做されたエラーから、その作家の選考基準がぼんやりと浮かび上がってくる。
それは、「どんな答を出すかより、どんな問いをするかによってその人の人となりが見えてくる」と言う類いのものと似ているのかも。

■「神話や、お伽噺が結局のところ何が言いたいかわからない」と言うのと「アートはわからない」と言うのは似ているのかも。
そこには現行の価値からの眼差しの外部は欠落しているという発想がなく、「この眼差しが全てだ」と言うもの。
欠落とは常に満たされているもののなかにあるのかも。

■書道のように文字が観る対象になる文化が成立するのは、漢字が表意文字であることや、漢字の成り立ちの多くが象形文字であったりするからだろうか。
表意文字文化圏では大脳右半球や視覚野が特異に活性化しているらしいけれど、それは表意文字文化では非言語的知性に傾向しやすく、表音文字文化は言語的知性に傾向しやすいと言うことかな。
日本で顔文字や絵文字が盛んになったのも、表意文字文化だからだろうか。

■自分のやってることに誇りを持つことと、自分が属してると思っているもの以外を貶めることが同じことだと信じている人がいる。

■よくあるアンケートで、好きな異性や、嫌いな異性の条件みたいなのは、たぶん過去の恋愛のパートナー選びの反省点で、実際は条件なんかで好きになってなくて、寧ろ過去の付き合ったタイプの傾向がでてて、皮肉にも嫌いな条件(反省点)を持ってる方に惹かれる可能性の方が高いのじゃないかなって思った。

■「無意識」は合理主義にとって受け入れ難いものなんだろう。無意識を前提にすれば合理性が演繹できないないのだから。合理性は常に限定合理性なんだと思うのだけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。