--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-09-30(Sun)

煉獄に潜む事との別れ(絵・鬼の子)

鬼の子、振り子
現し身の浮く水面は境
肉界、常世、隔ち、繋ぐ
美しい理は儚さと、盲に
真理、無くても、救いの切れ端、指の先掠らす
報いなどと高く求めれず
ここに残るたった一つ、夜暗のガラスに、漂う朧姿
行く先は、知が及ばず、物理、為されない
あなたに成り代わり自分を掬ったつもりだ

野暮好きなので大雑把な解説

煉獄に潜む事との別れ
>煉獄とは天国と地獄の間にあるもの、それをこの世界としました、この世との別れの詩です

鬼の子、振り子
>鬼の子とはミノムシの別名、振り子のように揺れる、つまり首吊り後の様
現し身の浮く水面は境
肉界、常世、隔ち、繋ぐ
>現し身とは肉体、みなもに浮く様に揺れる(上と同じ理由で)骸になったばかりの身体が有るここは今、肉界(この世)と常世(あの世)を分かつ境であり、つなぎ目でもある

美しい、理は儚さと、盲に
真理、無くても、救いの切れ端、指の先掠らす
> よく、はかないから美しいと言いますが、理屈は今一掴めません、でもそんな不確かな物にでもすがらないと、自分で絶ち、短くした辛いだけの人生は何だったのだろうと、意味をこじつけるため自分に信じ込ませたのです

報いなどと高く求めれず
ここに残るたった一つ、夜暗のガラスに、漂う朧姿
>夜の闇で鏡状になった窓に映るこの結果
この世に生きて残せたのはそれだけだから
報いなんて有ると思っていない

行く先は、知が及ばず、物理、為されない
>あの世はこの世と違うはずと言い聞かせています

あなたに代わり私を掬ったつもりだ
>創造主的な方、私を殺す罪は自分で被っときました

もしこの様なことに不快を抱く理由をお持ちの方には申し訳在りません
鬼の子

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ooCERUTZfRthpNJbwF

hnyrUqRzuFLb

tdAwiPaXPoVdHJbn

hVvDyMRcymzkfVgfVbr

ap.txt;5;10

wtWwRzjqigsCpJ

ap.txt;5;10

FAxnkkDDmDMUpViaB

ap.txt;5;10

rpXNAZSCWoK

ap.txt;5;10

ZbfSgwGDntK

TNszdBUMSiYoF

b,

CwzzaWMEBv

c,

fhZWDulZMGORZpzzF

c,

TjmssmQXhHmjKkwfe

a,

RjtPXBMifRotHWDw

e,

SzYbzCkmdGHYmu

d,
プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。