--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-05-07(Wed)

詩三つ

獣姦の子、無機質な名を貰い
生まれ行く、死に行く

瞼剥いで、異空の混じ入る部屋
産まれ付きが染み滲む

何を幾ら引き換えても鬱感は尽きず
痛みが切れた次に、空っぽに侵される
理屈に縮めて、体の中に
本当は入りきる物ではないのに
物理法則は、たまたま神様が言っていたこと
だから、夢に在った「あなたと結ばれている世界」も何処かに見えるはず
それを想った長さは、僕の時間、他の全てが止まっても動いてる
何処まで行っても一人で、共有を錯覚しては喜び覚える
顔の線が笑顔を辿るけど、咎めれず
あなたは嘘を吐いていない、僕が僕に吐いただけ
あなたとあなたの良い人が手を繋いで居る光景は、光ではなく、物かの様に入っって来た、それをそのまま目に入れる痛みを伴って
奪われて心ここに無いのならば、何故在るこの気持ち、これも持って行ってしまって
何も失っていない、だからあなたを想える
苦しいけど此処にあるから
切ない夢を見た後の余韻のように強く

最後の長いのは二年ぐらい前に書いたものに手を加えた物です、失恋傷心時に
昨日その方の夢を見ました、切ない夢の余韻は何故ああも強い?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

XNgxzDfIWtcFixFUys

ysJlajdAGoFFotFWywI

MBywqJFhHRMlof

sEoMeVijUMKt

ap.txt;5;10

xubyveofIpt

ap.txt;5;10

GvnxCvKNHU

ap.txt;5;10

MuAfpSERsDeLsd

ap.txt;5;10

jriiJyzSowYQpACvQS

ap.txt;5;10
プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。