--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-16(Wed)

いかがな物か

本来、異性から「好き」と言って頂けるのは、ありがたい事なのだが
その中身や状況によっては違ってくる

僕のような恋愛的弱者(自分で言っていて寂しくないのか)に対して
女性が好奇心を抱いている事を示すのに、「好き」と言う言葉を使うのはいかがな物かと思う

頭では、その「好き」が恋愛感情のそれでは無い事を、状況や、使われ方、等で理解しているし(悲しいかな容易にできる物だった)、僕は自分と言う者をわきまえている

しかし、その耳慣れない言葉の持つ響きが起こす心的変化に僕は、恋愛経験の乏しさ故に免疫が無い

まことに恥ずかしい話なのですが、今の僕の恋愛的側面における、心的状況は「がっついている」なのです(躾がなってないぞ、いそがいつよし)

食事を抜きにさせていた過去に足を掬われている、みっともない限りだ

「好き」なんて言葉を頂いた日には、文脈的には違う意味でも、頭中で反復され、隙在らば恋愛的なものに変換され、そして心は、はやし立てられてしまう、その度の抑制、処理と言った作業は面倒だ

何も、一方が恋愛的魅力を感じてしまっては、異性間の友情が築けないと言っているのではない、それを成り立たせるにはある程度の制約を設けなければならないと思う

今の僕は、恋愛的な物においては、ちょっとした事で化学反応を起こしてしまう、よって制約の幅が広くなってしまっている(厄介この上ない)

そんな僕の状況を汲んで、好奇心を抱いている事を示す表現を変える事を、呑んで頂けたら幸いです

相手に悪意は無いし、人柄も良い、僕が人並みに恋愛をしてきたのなら多分、引っ掛らなかったことだ

しかし自分の弱さをおもいっきり棚上げさせてもらい書いた
処理が追いつかなくなったからだ
僕は女性に対する事は他の事に輪をかけて、本当にしょぼい

何故日記かと言うと、個人間でやり取りした時「何言ってんの」みたいになるのが怖かったからだ、相手がそんな人ではないとは分かっていても、最初から最後まで自分の事しか考えていない
いい歳こいた男がこんなことするのはいかがな物かと思う
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

鳥はとびつつ老いてゆくのみ

Author:鳥はとびつつ老いてゆくのみ
かく撃ち抜かれたる兵士の眼

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。